TOPへ

大分で新築を建てるならリノベーションもできる日本ハウジング

メニュー
2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  • nav_home_off
  • 日本ハウジングブログ
  • 2018年 3月
title

体にやさしく、美味しいお茶を

2018.03.30

皆さんは、毎日欠かさずに飲んでいる “お茶” はありますか?

 

緑茶? コーヒー? ハーブティー?

自分の “好きな味や香り”はもちろん、“体にもやさしいお茶” を見つけてみませんか?

 

くらぼでは、いろいろな袋茶(ティーバッグ)を、ご用意しています。

ティーポットがなくても、手軽に楽しめる美味しいお茶です!

こちらは『ノンカフェインのお茶』
(お子さまも安心してお飲みいただけます!)

・「ルイボスティー」
アフリカ大陸最南端・喜望峰にほど近いシェダーバーク山脈周辺にしか生育しない植物。
ミネラル豊富、フラボノイドも多く含まれ、“不老長寿のお茶” と言われてます!

・ 「黒豆茶」
ビタミン、ミネラルの他にアントシアニンや大豆イソフラボンも豊富!
甘く香ばしいコクのある香りがオススメ。

・「ローズヒップ&ハイビスカス」
ビタミンC、クエン酸たっぷりの甘酸っぱい美肌茶。

・「生姜紅茶」
国産生姜を使用。体を温め、発汗、血行が促進されるほか、消化機能の改善や利尿作用も!

・「柚子緑茶」
風邪予防、そしておだやかな香りで、心身のバランスを整えリフレッシュ!

これらのお茶は、くらぼ店内のドリンクメニュー『期間限定茶』としてもお出ししています。

 

是非、ご自分のお好みのお茶を見つけて下さい!

 

暮らし×図書館×カフェ

Book Cafe くらぼもご覧ください。

 

杉テーブルで経年美化を楽しむ

2018.03.28

tsu-naguオリジナル杉テーブル。

もちろん天板は大分県産材の杉、

脚はモアビ ( 南洋桜 )が完成しました。

tsu-naguオリジナル杉テーブルは、サイズ、強度、使い勝手を考慮してデザインしており、

丸テーブルには堅固な木材を使用しています。

堅固な木材はお任せいただいているため、毎回、違うテーブルに出会っている感覚です。

その名の通りオリジナルです。

 

今回のモアビは、tsu-naguオリジナル杉テーブルでは初の使用です。

木材の特徴としては、褐色で堅く、目の通った質の良い材。

しかし、入手が難しい材料なので、今回はラッキーでした。

ツートンカラーで重量感が増し素敵な仕上がりです。

ダイニングテーブルのペンダントにもピッタリ。

よく見ると脚は5本。

最近人気の5人ご家族様用です。

 

無垢テーブルに対する懸念の声はまだまだ聞こえてきますが、

傷がついても、それが味わいになる材料は他にない気がします。

テーブルの天板には、硝子、石、化粧板、と様々使われていますが、

割れても、穴があいても、それを味わいにできるのは無垢材だけのような…。

 

経年美化を楽しむ住まいと経年美化を楽しむ家具、

これからの暮らしは魅力満載です!

 

暮らしを彩る家具&雑貨

インテリアショップtsu-naguもご覧ください。

 

落ち着く場所in豊後高田

2018.03.26

東野圭吾作品史上、“最も泣ける”と話題になった映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』。

その舞台となった豊後高田に行ってきました。

物語は、このナミヤ雑貨店の“ポスト“が重要なキーワードとなっています。

豊後高田のこの商店街は、昭和の町という名前のとおり、

商店街に踏み込んだ途端、一気に昭和の町にタイムスリップしたかのような気分に浸ることができました。

やっぱり、落ち着く場所っていいですね。

 

豊後高田は、江戸時代・明治・大正・昭和30年にかけて国東半島で最も栄えた町で、

その活気を甦らせようというプロジェクトが“昭和の町”だったそうです。

時代の流れに合わせて近代化させるのではなく、

消えつつある昭和の街並み、落ち着く場所を大切に残すことを選んだそうです。

テーマパークではなく、その商店街で人々が実際にお店を営んでいて、

そして生活しているという、実にノスタルジーな街ですね。

 

映画の舞台となるナミヤ雑貨店のセットは、宮町商店街に建てられていました。

映画で実際に使われたナミヤ雑貨店は、撮影終了後に燃やしてしまったそうですが、

レプリカのナミヤ雑貨店は存在していたので、記念に一枚。(綺麗なので昭和感は出ていませんが…笑)

 

日本ハウジングも、皆様の落ち着く場所として安心や温もりを提供していきたいと思っています。

みんなが自然と集まる場所・帰ってくる場所になりますように。

 

暮らし×図書館×カフェ

Book Cafe くらぼもご覧ください。

 

カラフルカーテン

2018.03.24

建築工事がそろそろ終わりに近づいてきたころ、お庭の最終打ち合わせにやってきました。

 

お庭の計画は家のリノベーションの設計と同時進行で行っていますので、

この日の打ち合わせでは細かな最終チェックを行っています。

窓に立った時のお隣との視線を遮るウッドフェンスの高さを確認したり排水桝の高さを確認したり。

 

和室の縁側から見る風景は3カ月前と比べると、スッキリと整備され完成を期待させるものでした。

一方、きっちりと府内町家仕様にリノベーションされたリビングの窓にはちょっと目を引くアイテムが・・・

2色使いのバーチカルブラインドです!縦型ブラインドとも呼ばれるこのカーテンは

掃き出しの窓でよく採用していますが、こんな使い方もアリですよね。

差し色のブルーが効いていてインパクト大ですし、爽やかさも演出してます。

 

最近ではこのように2色をミックスしたり、多色使いでグラデーションにしたりと

カーテンひとつとっても随分と楽しめるバリエーションが増えました。

カーテン選びもたのしくなりますね。

 

そして今週末はリノベーション完成見学会。

広々と生まれ変わったお庭と素敵なカーテンと、開放感あふれるリビングの

府内町家リノベーションが体感出来ますよ!

乞うご期待です。

 

今あるモノを活かす

府内町家リノベーションもご覧ください。

 

大分県産杉の丸テーブル

2018.03.22

丸テーブルの良さは、四角いテーブルに比べて部屋の全体が柔らかい印象になる事。

円になっているので、家族皆の顔を見ながらコミュニケーションがとれる事です。

明るく楽しい食事になりそうですよね。

 

インテリアショップtsu-naguにも丸テーブルを展示していますが、

お客様に人気で、実際に座ってみる方も多いです。

 

いつもお世話になっている職人さんに特注で大分県産杉を使った丸テーブルを作って頂きました。

今回はお施主様から、通常よりも脚をどっしりさせたい、

車椅子のお父様でも使いやすいような高さのテーブルが欲しいというご要望を頂き、オーダーしました。

私も出来上がりをワクワクして待っていましたが、本当に素敵な丸テーブルに仕上がっていました。

いつもとは天板の感じが違うな?と思ったら、

猫ちゃんがたくさんいるお家だったので、傷に強く目立たなくするため、

塗膜を強めに、そして色濃くオイル調合をされていて光沢が出ていたようです。

 

かっこよく、安定感があり丈夫なテーブル、お施主様にも喜んで頂けました。

職人さんならではの手の感覚と素材の知識を活かしながら計算されたものが

立派なカタチとして完成するというのは素晴らしいなぁーと毎回感心します。

 

お客様によって、ご要望も違うと思います。

今後も出来る限り、お客様とご相談しながら、職人さんとオリジナルな逸品をお届けできたら嬉しいです。

 

暮らしを彩る家具&雑貨

インテリアショップtsu-naguもご覧ください。

 

ti_01
ⓒ 2015 Nihon Housing co.