TOPへ戻る

これはスタッフのH1です

設計

  • 佐藤 隆幸sato takayuki

  • 佐藤 啓之sato yoshiyuki

設計の仕事ではどんなことをしていますか?

お客様が気付かない要望を探り、整理し、土地の条件や周辺環境を読み解いていきます。そうやってお客様の暮らしをワンランク引き上げること、そのお手伝いをする仕事です。

こんな思いでやっている、こういう家にしたいというような設計の思いを話してください。

建てた人から「大分といえば日本ハウジングでしょ」、と言われるような設計をしたいと思います。大分でしかできない家づくりとでも言うのでしょうか。

こういう住宅を建てたいという思いはありますか。

いい家というのは、その家がどれだけお客様の生活を豊かにすることができたかということだと思います。だからどれだけ設計側のエゴを消せるかが重要。おそらく一般的な住宅の形態の一つが大手ハウスメーカーのように全てをパッケージ化することではないでしょうか。でも私たちはもう少しお客様や土地に寄り添った家づくりがいいのではないかと思っています。

建築って土地から離れられない。その土地の風土が大事なんです。パッケージの商品はどこで建ててもいい。場所を選ばない。僕からしてみたらそれは行き過ぎたエゴです。大分の地面でできることをしたい。エゴを取り払って風土にまかせてみる、そんな家をつくりたいと思っています。

僕は過去にゼネコンで現場と設計の橋渡しをしていたから分かりますが、設計と現場のすり合わせというのは膨大な作業なんです。責任も膨大です。今設計の仕事をしていて思うのは、設計と施工ができる工務店が生き残るということです。アーキテクトビルダーと言われているような工務店です。だから私たちは設計と施工の連携による家造りを究極まで高めたいと思っています。

一覧に戻る
新築注文住宅府内町家 funai-machiya