大分で家を建てるなら実績多数の日本ハウジング

メニュー
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  • nav_home_off
  • ブログ
日本ハウジングブログ

家づくりジェスチャー

2019.03.22
建築

今年のお花見幹事に任命された除村です。

ゲームはやっぱり定番のジェスチャーゲームかしら・・・

と頭を悩ませている今日この頃です(笑)

ということで皆さんにジェスチャーゲーム ♪

これは何をしているところでしょうか???

ヒント1
家づくりをする時に役立ちます。

ヒント2
立たなくても大丈夫なのに、
私はなぜか立ってしまいます。笑

ヒント3
大ヒント!こんな画面を見ています。

正解は!
VRで360度パノラマビューの設計中の新築住宅の中を歩いているつもりになっているところです!

3Dパースで自然素材の木の家を実感することはなかなか難しいですが、
家づくりの中で実際に見えるであろう視界を確認できるのは安心です。
そしてわくわくします(笑)

自然素材の気持ちよさはカフェやモデルハウスで体感
VRで空間を確認
家づくりの楽しいひとときです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【お知らせ】
モデルハウス見学キャンペーン中

暖かくなったりまだ風は冷たかったり、
桜咲く季節が待ち遠しいですね。
日本ハウジングでは木の家のモデルハウスで薪ストーブの今年の出番も
終わりを告げようとしています。

まだ肌寒い日には薪ストーブをたいてモデルハウスを暖めています。
また、併設しているカフェやインテリアショップも含めると
3種類のペレットストーブと2種類の薪ストーブが見学可能です。
是非お立ち寄りください。

【特典】
尚、ご見学いただいたお客様には
日本ハウジングにて建築いただいたOB様の
御宅訪問&お茶会にご招待致します。
OB様と直接ざっくばらんにお話しいただける機会ですよ^_^

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

大分で家を建てるなら
府内町家もご覧ください

 

美味しく食べて花粉症対策

2019.03.19
カフェ

3月に入り暖かい日も増え、春を感じるこのごろですがこの時期花粉症に悩んでる方も多いのではないでしょうか。
私も今年は鼻と目にいつもと違う異変を感じています。
つらい花粉症少しでも楽にできる方法を知りたいものです。

花粉の原因は、花粉に対する免疫の過剰反応。
この免疫の暴走を抑制し、症状を緩和する為には食生活に自然免疫力を高めてくれる食材を摂ることが大切なのだそうです。
その食材の中でも果物、発酵食品はとくにおすすめで自然免疫力を高め、花粉症とたたかう体づくりをサポートしてくれます。

本には、花粉症に負けないレシピが色々載っています。
とくに気になったのが、玉ねぎジャムと大豆の黒酢漬け。
玉ねぎはアレルギー症状の抑制効果、大豆は免疫向上、黒酢は代謝をアップしてくれます。
保存も2か月でき、アレンジレシピも載っています。
花粉症に負けない料理が出来たら、この春気分一新、料理を飾る器も新しくしてみませんか?
くらぼに隣接するインテリアショップtsu-nagu には、料理を引き立たせる素敵な食器も取り揃えております。

免疫力アップ食材を色々と組合せ、楽しく料理を作り、花粉の季節を乗りきりましょう!

 

暮らし×図書館×カフェ
大分を楽しむならBook Cafe くらぼ

 

フラジャイルの逆襲:来るべき住宅建築に寄せて

2019.03.16
建築

ドナルド・キーンさんが亡くなられた。96歳だったという。若かりし頃に「源氏物語」に出会い日本の文化や芸術に傾倒していった。僕たち以上に日本文化に精通し、僕たちに日本というものを教えてくれた稀有な外国人(本人は帰化したけれど)だった。いつかは「百代の過客」を読んでやろうと先日紀伊国屋書店で手に取って買わずに帰ってしまった。残念。東日本の震災の時にやさしい口調でインタビューに答える姿が印象的だった。
こう書くとすぐに思い出すのが小泉八雲ことラフカディオ・ハーン。明治の日本に訪れて僕たちが忘れてしまった日本の原風景を書き残してくれた。「日本の面影」はもろく壊れやすい、そして本当に消えてしまった静かな日本の原風景だ。

キーンさんは平安朝からある日記文学を、ハーンは怪談を現代の僕たちに再評価して見せた。日記を文学まで昇華し、暗闇の中にもののけの気配を感じる僕たち日本人の精神性を見直せと異国から来たふたりに教えられたのだった。
谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」も、数寄屋がなぜ「数寄(すき)」なのかという謎も解けるというもの。あまりに僕たちの失くしたものが大きくて深い。グローバリズムの名のもとに取り返しのつかないことをしてしまったのではないだろうか。

フラジャイルとはもろく壊れやすいことの意味。文字通り吹けば飛ぶようなことを指しているのだが、もののあわれという感覚を僕たちは(そもそも)持っていた。それは時には気配であったり匂いであったりして、形容することが難しく手に取って具体的に「これっ」と言えないもの。でも、僕たちの暮らしの中では確かに息づいている感覚である。
いつかの記事で、「それまでは、雨は『空から落ちてくる水』でしかなく、匂いなどなかった。」「(略)ある日突然、雨が生ぬるく匂いはじめた。『あ、夕立がくる』と、思った。」と森下愛子さんの「日日是好日」という茶道との出会いを描いたエッセイを紹介した。住宅という器のデザインをするときはこの感覚を取り戻したいといつも思っている。
窓の外の雨を、車から降りるときにめんどくさいと思わずにすむ感覚。家族の気配がテレビの雑音に消されなくてすむ感覚。便利さだけで見せかけのメンテナンスフリーに騙されない感覚。
なんのために僕たちは家をつくって住むのか。移ろいゆく暮らしとはなんなのか。キーンさんの「百代の過客」をそんな目で見ながら読んでみたいものだ。

大分で家を建てるなら
府内町家もご覧ください

 

「庭造り」と「家造り」

2019.03.13
エクステリア

今回の古賀のブログはちょっと自慢話です。
現在、お打ち合わせの資料作成で使っているCADはRIKCADというCADを使用しています。
そこの会社からのお誘いで、東京と大阪でセミナーをおこなってまいりましたーーー。

メインは社長の話です。ご存知の通り我が社では、建物・インテリア・外構を同時設計しています。
私たちは普通に行っている事ですが、一般の工務店・エクステリア専門店においては、なかなか我が社の様にはいかないようです

エクステリアの視線からしても、建物が完成してからの外構の打ち合わせは、手戻りも多く
出来たら早い段階で打ち合わせに入りたい。しかし考え方の合う工務店と出会い、タッグを組むのは簡単なようで難しいもどかしさ・・・

そこで、『府内町家』が誕生するまでの話や、大分らしい家造りの説明。
我が社が今のスタンスに至った経緯や考え方、で、私は外構の施工事例を大都会の方々に伝えてまいりましたーー。

司会が1人いて、質問形式で話を進めました。社長はいつものように、流調に話していますが、私は
人前に出て話をすることが初めてなので、スーパー緊張しました。
ですけどキッチリとセリフを作って行っていたので、何とか乗り切りました。

私なりの庭造りの考え方や、コンセプト決め。このプランに至った経緯や根拠。
そしてお施主様へのプレゼンテーションの前に、社内で行われる厳しい社内プレゼンの話など
熱くアツく語ってまいりました!

東京会場はなんと青山!。しかも神宮外苑の銀杏並木のご近所でして、この景色、見てみたかったとこだったんです!
ビルの中には高級家具ブランドのCassinaが入っていてキラキラ女子が沢山働いておりました。

実は高校の修学旅行以来東京には行ったことが無く・・・ここぞとばかりに都会の風を浴びてきました。

私たちが考えてること、やってること、庭造りや家造りがとても誇りに思え、私自身すごく良い経験をさせていたセミナーでした。

 

大分の庭づくりは
ガーデン&グリーン「春夏秋冬にお任せください

 

インドアグリーンを楽しむ暮らし

2019.03.11
カフェ

お部屋の雰囲気を変えてくれる、インテリアに大人気の観葉植物。

お家で育てている方も多いのではないでしょうか?

グリーンは調和をもたらし、
安心や安定をもたらす色とされています

また、観葉植物からはフィトンチッドという成分が出ており、
自律神経を整えて精神をリラックスさせる効果があります。

つまり、グリーンにはお部屋をお洒落に演出してくれるだけでなく
心と身体に安らぎを求めている人へ癒しを届けてくれる存在なのです。

我が家にも パキラやグリーンネックレス、多肉植物など
たくさんのグリーンを置いています

元気にすくすく育ってくれると嬉しくて可愛くて、
もっともっと増えていきそうな予感がしています・・・!

本日ご紹介する
「Livin’ Green  インドアグリーンを楽しむ暮らし」には、
様々なグリーンの生育方法や管理のポイントなどが詳しく載っています。

例えば、サボテンや多肉植物などの植物は
たっぷりの陽光が差し込む場所に置いてあげると良いそう。

反対に、ポトスなどの植物は
陽光は必要なく、人工光のみの場所を好むそうです。

我が家のポトスは窓際が定位置だったのですが
今日からは寝室に移動させてあげることに。
もっと早く知りたかったと思う知識が沢山載っていますよ!

育て方の他にも、インドアグリーンのディスプレー方法や
セルフ栽培方法などもくわしく掲載してあります。

グリーンを楽しむ際に役立てていただけたら幸いです。

是非BookCafeくらぼにお立ち寄りくださいね。

 

暮らし×図書館×カフェ
大分を楽しむならBook Cafe くらぼ

 

ⓒ 2015 Nihon Housing co.