大分で家を建てるなら実績ある工務店の日本ハウジングで情報収集

メニュー
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • nav_home_off
  • ブログ
日本ハウジングブログ

新築 荏隈N様邸地鎮祭

2018.10.19
建築

先日、荏隈で新築着工予定のN様邸の地鎮祭が行われました。

台風一過 秋空高く
陽射しが暑いくらいの晴天の中
気持ちの良い地鎮祭となりました。
工事期間中の安全と無事竣工そしてN様家の末永いご繁栄を祈念致しまして
地鎮祭無事お納め頂きました。

ご近所へのご挨拶周りも行いました。
皆様気持ち良くご対応頂きありがたいかぎりです。これからご迷惑をお掛け致します。
宜しくお願い致します。

いよいよ新築工事着工となります。
ここに至るまでもいろんなコトがあったと思いますが、ここからが家造り本番です。
実際に着々と形になっていきます。
益々気を引き締めて頑張ります。
N様お楽しみに。

 

大分で家を建てるなら
府内町家もご覧ください

 

古民家リノベーションのジャズな夜

2018.10.17
建築

今年の夏はあまり夏らしいことをできていなかったのですが、

なななんと、光栄なことに弊社で古民家をリノベーションされて7年たつS様のお宅にBBQにお呼ばれしました。

大分市内で築200年の平屋のご実家をS様のライフスタイルに合った形にリノベーションされたお宅です。

土間の広い玄関から入っていくと、
梁の見える大きなひと続きの空間の中に。

ご主人の趣味のドラムスペース

奥様とお子様のピアノスペース

ハンモックと暖炉の空間

ダイニング

キッチン

贅沢にもご夫婦の演奏を聴かせて頂きました!!

向き合っておかれたドラムとピアノ♪

ハンモックで遊びながら聴くお子様☆

たっぷりと夏を堪能した幸せな時間を過ごさせて頂き
感謝感謝です。

リノベーションの魅力、新築にはない魅力を味わいました。

 

大分で家を建てるなら
今あるモノを活かす府内町家リノベーション

 

かっこいいインテリアで家づくり

2018.10.15
インテリア

家づくりの際どんなイメージで飾るかを考えると、とても楽しくなりますよね。
今回は、かっこよくアクセントになっているインテリアでの家づくりのご紹介です。

まずは傘が薄いデザインのペンダント!

家自体が白くシンプルなので、黒色がよく効いています。でも部屋全体で眺めると意外にそんなに主張していないんです。さりげないかっこよさがあります。また、光源が目に刺さない仕様になっており柔らかく照らしてくれます。光源の色を電球色で選べば、ほかの照明を消してペンダントだけ灯すとさらにかっこよく照らしてくれますよ!

 

つぎは木製のブラインド!

ブラインドというと会社などで使われているイメージが強いですが、木製なので家との親和性は高いです。また濃い色合いなので、開けた時と閉めた時の印象がかなり違います。明りの調節で。光を取り入れながらも利用できるので家でも使いたくなってしまうデザインになっています。
レースやドレープと違い、形も素材もカチッとしているのでかっこよさがあります。時にはブラインド上げてで外の景色を取り入れ明るく開放的に使用し、時には下げてインテリアの1つとして部屋の中で楽しむのも気分転換になりますよ!

好みはシンプルな物から凝ったものまで様々で、好きなものを飾ることも大事ですが、どのように過ごしたいかを考ええて選ぶとさらに家づくりの幅が広がります。
インテリアをきっかけに少し踏み込んで暮らし方を考えてはいかがでしょうか。

 

大分の暮らしを彩る
インテリアショップtsu-nagu

 

今年の秋から庭活(ニワカツ)してみませんか?

2018.10.13
カフェ

日が落ちるのも早くなり、少しずつ秋を感じることも増えてきました。
これから更に日没も早まるであろう秋の夜長に庭活の本などはいかがでしょう。

「庭活」それは庭を活かすこと!庭のある暮らし、自然とのふれあい、庭と共にある幸せや安らぎのこと。
花いっぱいのお庭にして寛ぎの空間を作ったり、野菜を育て収穫し、料理して味わったりと、日々の息抜きに好きな植物と過ごす時間を作って見ませんか?

庭がない!そんな人でも大丈夫。部屋の中でも庭活できちゃいます。
本中では観葉植物も枯らしてしまう作者でも簡単に育てられる、キノコに挑戦していました。
毎日霧吹きで水やりするだけで1週間から10日で発芽、しばらくしたらあっという間に成長、大収穫!
読んでいるだけでちょっと挑戦しちゃう?という気持ちになりました。

もう一冊の「まいにち植物」には、作者の集めた花やサボテン、多肉植物、エアプランツなどの風変わりな植物の写真や、身近なタネを使ってのタネまきをしていたりと興味をそそられる内容です。

中でもアボカドのタネは扱いやすく、すぐに芽がでるらしく(作者は失敗続きらしいが)観葉植物としてタネから育てるのも面白そうです。

作者いわく、花が咲いたり実がなったり、そんな時間を共に過ごす楽しみを植物から分けてもらっているとのこと。

くらぼに隣接しているtsu-nagu 1階には観葉植物や窓から眺めの良いお庭もあります。
庭活という好きな植物と過ごす贅沢な暮らしをしてみませんか?

 

暮らし×図書館×カフェ
大分を楽しむならBook Cafe くらぼ

 

木造住宅、建築家の系譜

2018.10.11
建築

おそらく、永田昌民さんほど木造住宅をうまくまとめあげることのできた人はそう多くない。永田さんの住宅は、慕われ、愛され、継承者があとを絶たない。
建築家でありながら、まとまった著作はほんの少し(僕が知っているのは「大きな暮らしができる小さな家」という1冊だけ)。時折、住宅特集や住宅建築といった雑誌に作品が載ったりした程度。昨今の有名建築家と比べたら露出度の低いことこの上ない。

この永田昌民さんをことあるごとにベタ褒めしている建築家が、趙海光さん。
永田さんの敷地から住まいを読み解く設計手法(=最初にかたちありきなのでなく、その場所にあったかたちを読み解く)を幾度となく趙先生ご本人から聞かされた。
趙さんが永田さんのことばかり話すものだから、いちど永田さんにお会いしてみたかったけれど、それもかなわぬ夢になってしまった。

前述の「大きな暮らしができる小さな家」は生前の永田さんが残したほとんど唯一の本で、僕の木造住宅のバイブルとなっている。
タイトルがいい。ウィットが効いてかわいらしく、その上、生活者目線だ。
「大きな」と「小さな」という矛盾する言葉を「暮らし」と「家」がつないでいる。じつはデザインの本質とはこういうことなのだ。難しくいうと「形態で矛盾を解決する」。これをデザインという。

趙海光さんは永田さんの、外部が内部を決定するという思想を追求し続けている。伊礼智さんは同じく「よきことはみな外から来る」といい、「小さな家で豊かに暮らす」住宅設計を実践されている。中村好文さんのやさしさが包み込むような空間は、僕の勝手な思い込みかもしれないけど永田さんに通じるものがあるような気がする。

ここにもし「木造住宅の系譜」という年表みたいなものがあったりしたら、アントニン・レーモンドからはじまり吉村順三、村野藤吾を経て、永田さん、趙さん、伊礼さん、中村さん・・・とつづいたらいいなと思う。そのあとのほうに不肖わたくしが電車に乗り遅れたロバ引きのように、走って追いかけられたらなと思う。

 

大分で家を建てるなら
府内町家もご覧ください

 

ⓒ 2015 Nihon Housing co.