大分の自然素材で建てる新築・リノベーション。日本ハウジングは家を建てる前も建てた後も豊かに暮らすサポートをしていきます。
2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • nav_home_off
  • ブログ
title

WISE

2017.03.28
府内町家リノベーション

大分の住宅建築情報が詰め込まれた情報誌「WISE」ワイズが今年も発売されました。

この雑誌を見ていると、近年、地方都市の大分といえど、

建築デザイン的に優れた家がずいぶんと増えた印象です。

それだけ、家に対しての住まい手の意識が年々高くなっているんだなと感じます。

 

私たちも他の建築会社がどんな家づくりをしているのか、動向がどんなものかと、

年1回のWISEの発売を楽しみにしています。

 

もちろん日本ハウジングの家も沢山掲載されていますよ!

私が携わらせていただいたお家も載っています。

リノベーションに至った経緯や住み心地、こだわりポイントなどお客さまの声が紹介されて、

自分の家のように嬉しく感じますね。

 

よろしかったら書店やブックカフェ暮.Laboでご覧になってください。

 

大分の木造住宅

府内町家もご覧ください。

 

暮らしを楽しむ

2017.03.27
インテリアショップtsu-nagu

暮らしを豊かに、楽しんでほしい。

心地よい空間で安らぎ、心にゆとりが持てる暮らしを見つけてほしい。

そんな思いでお引渡しを終え、数か月後に訪問すると…。

いつも、私が心地よい空間に楽しませていただきます。

 

インテリアがプラスされ、植物が仲間入り。

キッチングッズもオシャレで素敵。

もちろん使いやすさも抜群。

 

暮.Laboでの暮らしの提案にもいい刺激をいただいています。

照明、カーテン、家具はもちろん、オシャレなのに使いやすい拘り雑貨など、

アイテムを少しずつ増やしたいと思います。

 

お探しのもの、リクエストなどあれば、どんどんお寄せ下さい。

参考にさせていただき、真剣に検討していきたいと思います。

 

暮らし×図書館×カフェ
Book Cafe くらぼもご覧ください。

 

仲間入り

2017.03.26
府内町家

引渡しをして1年のS様。

昨年の夏に産まれた3人目のお子様T君の手形付けを行いました。

 

まず、手形を付ける土台を職人さんに作ってもらいます。

T君は眠気が入り始めていて、少々ご機嫌斜め・・・。

ですが!手形付けの作業は始まります!

写真だけ見ていると問題なさそうですが、

現場では、予想通り、T君は泣きます・・・。

そして、大人の思う通りの仕上がりになるまでに、四苦八苦・・・。

4回のTRYで完成しました。

1年越しの、家族全員の手形の完成!

見ていてこちらも笑顔になります。

 

T君がもう少し大きくなったら、自分の手形を見て、どんな反応をするのでしょう?

2年、5年と点検が続きますので、その時にぜひ聞いてみたいと思います。

 

大分の木造住宅

府内町家もご覧ください。

 

新フードのご紹介

2017.03.25
Book Cafe くらぼ

くらぼに、新たなフードが加わりました!

左から『サブレ』『NEWチーズスティック・クッキー』『スコーン』『マーブルクッキー』

☆定番の『チーズスティック』は、チーズの味わいがUPしました!

☆マーブルクッキーは、バラ売りもございます。

☆サブレ、スコーンはうれしい2個入り。小腹が空いた時にもオススメです!

そして、4月からは新たなフードも入る予定です。

(フードは大分県産の卵を使って作ってます。)

 

どれも“コーヒー”に、そして“国産紅茶”にも合います!

お持ち帰りも可能になりましたので、是非お試し下さい。

 

暮らし×図書館×カフェ

Book Cafe くらぼもご覧ください。

 

冬の終わりに

2017.03.24
府内町家リノベーション

長く続いた工事ですが。

いよいよ竣工を迎えることができました、古民家リノベーション。

思い返せばこのお家は、1年前、地震の影響を受けました。

まだ設計中で工事前だったお家は、荷が掛かりすぎていた柱は折れ、あちらこちらで建物の歪みが発生…。

それでも建築主も我々も、この家をリノベーションすることをあきらめず、今回の竣工に至りました。

家にストレスを与えていた2階部を取り除き、瓦は軽い鋼板製の屋根へ葺き替え。

基礎も、ガチガチに固める現代の考えを改め、地震に応対できるこの家にベストな工法を取り入れ。

 

そして、多くのお客を招きたい。

その建築主の思い描くライフスタイルを実現したい。

この家でしか、出し得ない風景やボリューム感、古民家特有の構造体や建具など。

心機一転、また新たな生活のはじまりです。

 

今あるモノを活かす

府内町家リノベーションもご覧ください。

 

ⓒ 2015 Nihon Housing co.