TOPへ戻る

大分市で注文住宅や新築を建てるなら、施工実績多数の日本ハウジング

≪ 春夏秋冬 作庭ばなし 2020-芽吹きの頃 ≫

  • 2020.04.23
  • エクステリア

          今回のコガブログは「つなぐこと②」のはなしです。

 

昨年の夏、お引渡しをした、古民家。道路の拡幅工事も終わり外構2期工事が行われました。

リビングに面した道路なので目隠しは必須。

 

建物の図面が完成し、外構プランの作成。外観をみた瞬間から決めていた。

この建物には「大和塀」!!!

 

大和塀とは。。。

板を内側と外側、若干重なるように規則的に交互に張ったものである!

 

古民家リノベという事と地域的に古民家も多くこの土地の雰囲気をそのまま活かし、

リノベーション後も以前の雰囲気をつなげたい。

 

 

施工は勿論この建物を手がけた大工の黒田さん、お施主様ともとても良い関係で

黒田さんも楽しそうに作業をしてました。

お施主様のお父様も手伝ってくださり、理想通りの素敵な大和塀が完成しました。

木材の色が少しあせてきたころ、風合が増しもっと素敵な景色を作り出してくれるはず。

 

目隠しが必要ないところはベニバナトキワマンサクの生垣。この時期、細いリボン状の花を咲かせ

春の訪れを知らせてくれます。

 

リビング前にはイロハモミジを1本。横に伸びる枝と、上に伸びた枝のバランスが好きで、直感的にこの樹に決めました。こうゆうときは、まず迷いがない (笑)

 

樹を選んでいるときはホントに楽しくて、そしてこんな風に自分が思い描いているようなものが

出来上がると、、、こっそり祝杯をあげずにはいられない。(笑)

 

お施主様には勿論、大工さん、庭師さん、この空間造りに携わって頂いたすべての方に感謝しかありません。

 

ライトアップされた景色もすごくいい! ウッドデッキの下の沓脱石は以前から使われていたもの。

解体工事の時から長い間、出番が来るのをじっと待っていてくれた。

 

すべてが美しく納まりました。

 

              *** 春夏秋冬  Chinatsu・Koga ***

categoryカテゴリー

archiveアーカイブ

recent posts最新記事

新築注文住宅府内町家 funai-machiya