TOPへ戻る

大分市で注文住宅や新築を建てるなら、施工実績多数の日本ハウジング

Gemütlich(ゲミュートリッヒ)な家づくり~大阪でセミナー

  • 2016.04.02
  • 建築

写真1

どうして「デザインがいい家」がいいのかって改めて聞かれると、とても困ります。

考えてみればデザインなんて二の次で、住むことができればいいじゃないか、

家って生活ができればいいじゃないの、という意見もまああるかなとも思います。

いい悪いは別として。・・・と、しばらく前のブログに書いたのですが、今日はそのつづき。

そのヒントのために大阪に行ってきました。

写真2

雑誌「新建ハウジング」の発行人である三浦祐成さんと「無印良品の家」川内浩司さん、田鎖郁男による、

これからの家づくり・コンセプトに関するセミナーです。

いきなり「家も道具」と一言書かれていますが、ここでいう道具とは、柳宗悦のいう「道具」のこと。

「醜いものに囲まれていたら、心はすさみ、潤いがなくなる」

「生活の中に美を交えることが大事」

「実の用途のためにつくられるものこそ、美しくなければいけない」

・・・・とまあ、すばらしい言葉がならぶわけですが「やかん」ひとつも美の基準となりえるわけです。

写真3

「家」≠「建築物」、「家」=「住む道具」とあえて定義しましょう。

私たちは「家」についてがまんしなくていいし、もっと積極的に心地よく楽しんでほしいと思います。

ドイツではGemütlich(ゲミュートリッヒ)「心地よい、リラックスできる」というほめ言葉で「家」を判断します。

それが「家」の基準。

以前、このブログで書いた「ただいま、と帰ってきたくなる家」。

とってもGemütlich(ゲミュートリッヒ)な家だと思いませんか。

 

大分の木造住宅

府内町家もご覧ください。

 

categoryカテゴリー

archiveアーカイブ

recent posts最新記事

新築注文住宅府内町家 funai-machiya