TOPへ戻る

大分市で注文住宅や新築を建てるなら、施工実績多数の日本ハウジング

≪ 春夏秋冬 作庭ばなし 2019‐オリオン座の頃 ≫

  • 2020.01.12
  • エクステリア

2019年最後に書くブログ「庭造り 春夏秋冬」のはなしです。

 

このブログを書いているのは、2019年12月28日です。アップされるのは新春なんで、誤差はありますが、

年末気分なので2019年の締めくくり的な感じで書こうかと思います。

今回は「庭造り 春夏秋冬」のはなし・・・なのですが、日本ハウジング 外構部は私しかいないので

実質は 「コガ チナツ」のはなし・・・てことになりますかね (笑)

ブログを書くにあたり色々なルールは一応あるんです。

ですがそのルールをあまり守れていないのが、この、コガブログ。自由に書いてます (笑)

 

さて、今年最後の物件も無事にお引渡しが終わり、ひと段落しています。この時期の庭造り、植栽工事は落葉期なんで少し寂しい冬の景色。

 

春から夏にかけては、生き生きとした葉が生い茂っているので、とても華やかでキラキラした景色が出来上がります。

新緑・開花・紅葉を楽しみながら冬の景色を迎える。

 

なぜか私は冬の庭造り、植栽工事の方が好き。

冬の景色、クリスマスローズが頑張って色を添えてくれているけれど、やっぱり少しさみしい。

だけど、その分、冬の景色から春の景色へ移り行く姿、芽吹いた時のキラキラした春の景色に感動する。

小さな蕾が日に日に大きくなり、花が咲き香りが漂う。春を迎える喜びはひとしお。

 

 

季節のように生きる。

雨の日は雨を聞く。雪の日は雪を見て、夏には夏の暑さを、冬は身の切れるような寒さを。

五感を使って、全身で、その瞬間を味わう。

「日日是好日」の映画のリーフレットに書かれている言葉。この言葉大好きなんです。

 

忙しく過ごしていると、自然のいとなみなんて、目に入ってこないし、雨や雪は不便だと感じ、クーラーでキンキンに冷えた部屋の中で過ごす。心のゆとりと、季節を感じようという気持ちが無いと

こんなこと出来ないよね。

だからこそ、その感覚のお手伝いが少しでも出来たらな・・・という思いで庭造りをしています。

 

ふと窓の外を見た瞬間、新芽が芽吹きだしていたり

リビングの窓を開け放した時、花の香りが漂ってたきり

ブルーベリーの実をつまんで食べて、芝に落ちる雨の匂いを感じる。

建物に映る梢の影を楽しみ

徐々に色付いてくるモミジに気付き秋を感じて、冬の景色へと姿をかえる。

足元のクリスマスローズの可愛らしさに心があたたまる。

 

景色ごとに家族の物語が生まれる。そんな庭造りが出来たらいいなて思ってます。

 

2020年も宜しくお願い致します!

        

          *** 春夏秋冬  Chinatsu・Koga ***

categoryカテゴリー

archiveアーカイブ

recent posts最新記事

新築注文住宅府内町家 funai-machiya