TOPへ戻る

大分市で注文住宅や新築を建てるなら、施工実績多数の日本ハウジング

リノベーションモデルプロジェクト

  • 2015.04.21
  • 建築

リノベーションモデルプロジェクト 「下戸次の家」

工事が着々と進んでいます。

(null)

基礎が出来上がったら大工さんの出番です。

4月初旬から大工さんが土台を敷き始めてあっという間にその姿が変わって行きました。

(null) (1)

しかし、作業を進めれば進めるほど家の痛み具合がわかってきます。

そこを職人さんの知恵と技術で、残すべき所は残し、取り替えるべき所は取替えて

生まれ変わっている途中です。

(null) (2)

下戸次の家では外断熱(高気密高断熱)を採用しています。

材木の丸みや大きさの不揃い、通りが悪い(真っ直ぐではない)など

リノベーションに採用するには幾つか悪条件が有りますが

そこを調整するのが職人の技ですね。

(null) (3)

下地を作ったり調整したりの作業に時間をかけ

外断熱の施工は初めての試みながら綺麗にかつスピーディーに仕上がっていってます。

断熱材のメーカーさんにも見てもらい、

幾つか指摘はあったものの施工自体には高評価を頂きました。

新築に比べれば精度はどうしても落ちるかもしれませんが気密測定も行う予定です。

新築同等のいい数値が出るように残りの施工をしっかり行っていきます。

 

まだまだこれから下戸次の家は変化していきます。お楽しみに!

 

今あるモノを活かす

府内町家リノベーションもご覧ください。

categoryカテゴリー

archiveアーカイブ

recent posts最新記事

新築注文住宅府内町家 funai-machiya