TOPへ戻る

大分市で注文住宅や新築を建てるなら、施工実績多数の日本ハウジング

  • 2015.02.26
  • 建築

先日、いつも畳の製作をお願いしている興田たたみ工業所さんへ

お邪魔して工場内部や畳製作の過程を見学させていただきました。

IMG_1466_R

残念ながら、府内町家で使用している七島藺の縁なし畳の製作は入っておらず

見ることはできませんでしたが、初めて畳の製作現場を見ることが出来ました。

 

2人のみで作業を行う興田さん親子。

今は息子さんが3代目として頑張っています。

3代目の技能は素晴らしく、技能グランプリにて全国第二位を獲得したことがある程です。

IMG_1464_R

2人にしては広すぎる工場内には、畳製作の為の機械が所狭しと並んでいます。

効率よく作れるようにラインが組まれていて無駄がありません。

それでも一日20枚ほどの製作だといいいます。

IMG_1429_R

見ていると、やはり機械のみで作っているわけではありません。

畳表の張り具合や通り、切落とし、畳縁の貼り付けなど

職人の手と勘が必要な部分が必ずあります。

どの職種も一緒ですが

それを省けばほんとにただの工業製品になってしまいます。

 

府内町家に使用する七島藺も、

畳表のゴザとして出来上がるまでにとても手間ひまが掛かります。

その七島藺をまた職人が手間ひまを掛けて畳として仕上げる。

IMG_1463_R

今回の見学で実際に職人の手によって完成する畳を見て

畳に対する価値観や見方が変わったような気がします。

畳に限らずそのプロセスを知ることはとても大事なことですね。

 

興田さんには益々頑張って、その技術を次世代へ繋いでいただければと思います。

 

大分の木造住宅

府内町家もご覧ください。

categoryカテゴリー

archiveアーカイブ

recent posts最新記事

新築注文住宅府内町家 funai-machiya