TOPへ戻る

大分市で注文住宅や新築を建てるなら、施工実績多数の日本ハウジング

ミズタホームさんの「山ぼうしの樹」より

  • 2014.07.06
  • 建築

7月1日2日は社員研修のため、熊本県はミズタホームさんの「山ぼうしの樹」へお邪魔してきました。

古民家再生モデルで、1泊2日の研修旅行です。

写真1_R

素敵な建物。素敵な木。そして水田社長の素敵なお話を夜通し聞くことができました。

印象に残っているのが、水田社長の「建物が喜んでいる」という言葉。こころに染み入る言葉でした。

100年たった建物に手を入れ、次の100年を(建物が)生きられるようになった、という意味だと思います。

思えばこの建物にとって前の100年は厳しい100年だったかもしれない。

2度の大きな戦争があったわけですから。

しかし、これからの100年はきっとすばらしいものになるのでしょう。

水田社長のやさしい笑顔の向こうには確信があるようでした。

写真2 (1)_R

草屋根の露の香り、何気なく飾られた芸術家の作品、空けたワインの瓶の数々。

羽釜で炊いたおこげのご飯、五右衛門風呂・・・・。

家にとってこれ以上の贅沢があるのでしょうか。豊潤で満たされていて、余計なものがひとつもない。

ここに訪れた人は皆、笑顔になって帰ります。水田さんの魔法にかかってしまうのです。

写真3 (1)_R

まだまだ素敵な写真とお話があるのですが、つづきはまたいつか。

もし府内町家のモデルハウスへ来られるときがあれば、尋ねてみてください。

楽しい家の話ができると思います。

 

デザインされた気持ちよさ

府内町家もご覧ください。

categoryカテゴリー

archiveアーカイブ

recent posts最新記事

新築注文住宅府内町家 funai-machiya