TOPへ戻る

大分市で注文住宅や新築を建てるなら、施工実績多数の日本ハウジング

薪は人を三度、暖める

  • 2022.02.01
  • 建築

まだまだ寒い日が続きます。温暖化が懸念されていますが今年も冬は順当に寒いようで…

 

我が家の暖房器具はというと薪ストーブなのですが、

当然暖をとるには燃料である薪の確保が不可欠なのです。

 

幸い郊外に住んで居ますので、伐採する樹木を戴いたりする事も多いのですが、

薪ストーブの燃料にするには、手頃なサイズに切断して、それを割り、乾燥をさせるために薪棚で1年程度保管しなければなりません。

 

因みに、『薪は人を三度(三回)暖める』と云うのをご存知でしょうか?

 

一度目は薪を作る為の作業で身体を動かして暖まる。

二度目は薪を燃やした炎によって暖まる。

三度目は薪を使った調理によって作られた料理を食べて暖まる。

取り敢えず休日の今日は、一度目の「薪割りで身体を温める」を十二分に恩恵を受けました。

斧は納屋に眠っていた和斧。年季が入っています。

素直な木目の物は真っ二つに割れて気持ちも良いのですが、

節の多い物等はなかなか簡単には割れてくれません。

 

日本ハウジングのOBさんは薪ストーブユーザーも多いので、薪割りについても情報交換の出来る場が作れればな〜と思う今日この頃でした。

categoryカテゴリー

archiveアーカイブ

recent posts最新記事