TOPへ戻る

大分市で注文住宅や新築を建てるなら、施工実績多数の日本ハウジング

年末の無垢床メンテナンス

  • 2021.12.11
  • 建築

今回はオスモウォッシュアンドケアーとオスモワックスアンドクリーナーで無垢床メンテナンスを行いました。

初めてなので、オスモモップも購入してみました。

 

 

無垢床メンテナンスについてはお問い合わせも多く、私自身も悩んでいましたが、メンテナンスを終えた個人的な感想は、

「もっと早くから使用しておけばよかった!」

 

まずは、ウォッシュアンドケアーで汚れ落とし。

一目で効果を感じられたのが階段。

皆が同じ場所を歩くからでしょうか…真中二ヶ所が黒ずんでいましたがキレイに落とせました。

 

雑巾が一番汚れたのはキッチン。

見た目はそこまで汚れている印象はなかったのですが油汚れなのでしょうね…少しショックでした。

 

しかし、皮脂汚れや油汚れがキレイに落とせるコトが分かりました。

メーカーおすすめのメンテナンス頻度は、2~3週間。

 

キャップ1杯を水で薄めて使用するだけなので普段の雑巾がけと変わらず、手軽に汚れを落とすことができるだけでなく、表面を保護してくれる優れモノ。

 

仕上げは、ワックスアンドクリーナー。

これで撥水性が蘇ります。

 

ドロッとしていて伸びが良く、とても塗りやすかったです。

苦戦したのはモップ。

専用モップなのでサイズが大きく、広範囲を塗ることができるメリットはあるのですが、上手に力を入れることができず、やや塗りムラを感じ途中で使用を諦めました。

モップを使いこなせるよう回数を重ねたいと思います。

 

もちろん効果はすぐに感じました。

驚くほどの撥水性!

膜を造らず表面に必要な植物ワックスを補っている優れモノ。

 

 

だからでしょうか…靴下を履いていると少し滑る感じが…。

小さなお子様がいるご家庭は注意が必要かもしれません。

裸足での感触もやや変わりましたが…もしかして塗り込みが足りなかったのでしょうか?!

こちらも回数を重ねて試してみたいと思います。

 

こちらのメンテナンス頻度は、半年~1年。

 

1㎡に小さじ2程度を乾いた布で薄く塗り広げるだけ。

本当に伸びが良く塗りやすかったのですが、我家は今回、一度にウォッシュアンドケアーとワックスアンドクリーナーでのメンテナンスを行い、しかも1軒丸ごと…流石に腕は筋肉痛です。

 

しかし、それ以上に満足感、充実感を味わっています。

無垢材は歳月を経て変化しており、色や艶の変化を感じ、キズやへこみも味となります。

メンテナンスをすることで、その色が鮮やかに、艶が増したと感じています。

 

今回の体験談、少しでも皆様のお役に立てていたら嬉しいです。

categoryカテゴリー

archiveアーカイブ

recent posts最新記事