TOPへ戻る

大分市で注文住宅や新築を建てるなら、施工実績多数の日本ハウジング

お庭と家具とを考える家づくり

  • 2021.06.03
  • 建築

改めて、お家づくりのお話を。

 

 皆さんは、一緒にお家づくりをする設計士や設計事務所、工務店を選ぶ時、何を重要視しますか?建築性能や利便性、デザイン性、コスト、会社・設計士の雰囲気などなど…。一生に一度のお家づくりです。大切にしたい条件はたくさんありますよね。

 

 一生に一度のお家づくりに携わる私たちにとって、このようなーズにどれだけ応えられるかを追及することは何よりも大事なことです。

 

 そこで辿り着いた答えの一つに、お庭と家具を一緒に建築を考えるということです。一般的な建築会社は、建築して完工・お引き渡しを迎え、お引き渡し後にお施主様が庭師さんを手配したり、家具を買いに行ったりしますよね。もちろん、この方法に問題があるとは思っていません…が、より良い提案、より豊かな暮らしを提供するためには、この方法がベストだとは思えないのです。

 内部からは緑を楽しめて、外部では近隣からの視線を遮ってくる。そして建築に溶け込むようにマッチしたお庭。また、お家全体の雰囲気に合って、かつ動線の邪魔にならないよう配置された家具。やはり「より豊かなモノづくり」を考えると、お庭や家具と建築とを別々に設計することに違和感を覚えます。

 また、建築とお庭、家具とを一緒に検討できると資金計画の面でも無理ないバランスでお家づくりを考えられます。

 

 お客様一人一人、敷地一つ一つ毎でご要望や条件は異なりますが、より丁寧に、より豊かなモノのご提案を心がけていきたいものです。

categoryカテゴリー

archiveアーカイブ

recent posts最新記事