TOPへ戻る

大分市で注文住宅や新築を建てるなら、施工実績多数の日本ハウジング

C値

  • 2021.05.18
  • 建築

先日、気密検査を行う機会がありました。

 

 

高気密高断熱の家ってよく聞きますよね。

 

気密性能を測るのが気密検査で、その性能の指標になるのがC値です。

 

C値 = 住宅全体すき間の合計面積(単位㎠)/延べ床面積(単位㎡)

 

要するに、C値が少ないほど、その家には隙間が少ないということです。

 

隙間が多いと当然ながら、どんなに高性能なサッシや断熱材を使っていても、十分な効果を発揮できないですよね。

コロナ禍で計画的な換気が重要視されている昨今ですが、ここでもC値は重要な役割を持っています。

 

そんなC値ですが、今回の計測で0.1㎠/mという、非常に良い結果が出てしまいました。

どのくらい良い値なのかは興味のある方はぜひ調べてみてください!

 

 

C値だけ良くても良い家とは言えないのですが、これだけは言わせてください。

この結果は職人さんたちが家の隅々まで気を配って隙間ができないように丁寧な作業を積み重ねてきた努力の結果なのです。

 

日本ハウジングの家は心地よくて、デザインが良くて、総合的な性能の良さを目指しているので、決して気密の良さを追い求めているわけではありませんが、技術力の高さを数値でわかりやすく証明できたことは非常に嬉しいです。

 

でも工事の完了まではまだまだこれから。

今日も職人さんたちとより良い家を目指して頑張ります!

categoryカテゴリー

archiveアーカイブ

recent posts最新記事