TOPへ戻る

大分市で注文住宅や新築を建てるなら、施工実績多数の日本ハウジング

新築工事が始まります。

  • 2018.07.06
  • 建築

新築の府内町家が、また1件着工します。
今日は建築地に、地縄張りを行いました。

新築の場合、間取りが確定したら、建築地に実際に建物が建つ位置に、
紐を張って位置を示します。
通りすがりで、目にしたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

地縄を張ることによって、庭や駐車スペース、建物とお隣さんの塀との距離等、
体感することができます。
また、玄関の位置やリビングからの眺め等も確認できます。
新築の打合せは机上での話が多く、想像することだけですが、
実寸の物があると、歩くことができるので、よりイメージが広がります。

リノベーションは今ある建物を活かすので、体感しながら打合せができますが、
新築ではそうはいきません。
地縄を張って確認することは、新築では唯一体感しながらの打合せです。

上記の写真は、張った地縄の位置が間違っていないか、
現場監督が確認をしているところです。
この後、お客様と打合せを行い、建物を少し移動することになりました。
現地で歩いてみたり、車を停めてみたり、周りの景色を見たりしたことで、
移動を決めました。
頭だけではなく、体を使った打合せも大事です。
これから暑くなるので、外での打合せは大変ではありますが、
みなさま、なにとぞご協力よろしくお願い致します。

 

大分で新築を建てるなら
府内町家もご覧ください。

 

categoryカテゴリー

archiveアーカイブ

recent posts最新記事

新築注文住宅府内町家 funai-machiya