TOPへ戻る

大分市で注文住宅や新築を建てるなら、施工実績多数の日本ハウジング

シロアリ対策「防蟻シート」

  • 2018.06.12
  • 建築

シロアリは木を主食とする昆虫です。
木の幹に豊富に含まれる
「セルロース」を栄養とする生物で、
倒木などを土に還すため
“森の分解者”とよばれているそうです。
自然界では必要とされるシロアリですが、
人間の住む木造住宅にとっては
きちんと対策をしておかないと
恐ろしい天敵となってしまいます!

大切な住まいをシロアリから守るには?

最近ではべた基礎がほとんどですので
安心かと思いますが・・・

わずかなコンクリートの隙間から
給排水の配管廻りの隙間など
又は、基礎の外周部に蟻道などを作って
侵入してくる事があるそうです。

そこで、地中からのシロアリ対策!
「防蟻シート」。

普通は基礎の下(砕石の上)に
防湿フィルムを敷き
鉄筋を組んでコンクリートを流します。

その防湿フィルムの代わりに
防蟻・防湿効果のある
「防蟻シート」を敷き詰めます。
有効成分にはWHOが認定した
人や動物に最も安全で
環境にやさしい薬剤です。
水に溶けにくい成分なので
加水分解もされにくく
このシートには忌避性があるので
シロアリが近寄れない特性があります。

施工では、シートを重ねて敷き詰めて
専用のテープでしっかりととめます。
基礎の外周部まで広めに敷き詰め
配管廻りなども
専用テープで塞ぎます。

シートだけでも効果は十分ですが、
ホウ酸系の防蟻材(目の消毒に使われる
人と環境にやさしい薬剤)を
木部処理へ併用します!

シロアリ対策も様々な工法がありますね。

大分で新築を建てるなら
府内町家もご覧ください。

 

categoryカテゴリー

archiveアーカイブ

recent posts最新記事

新築注文住宅府内町家 funai-machiya