TOPへ戻る

大分市で注文住宅や新築を建てるなら、施工実績多数の日本ハウジング

建設業の災害対応

  • 2019.02.21
  • 建築

去る2月の上旬。
「建設業における災害対応の役割」をテーマにした講演会に出席させていただきました。

「士(サムライ)おおいた」が主催となったこの会。
士(サムライ)=〇〇士 をイメージした団体ですが、

建築士
施工管理士
技術士
コンクリート診断士
測量士
などなど…

つまりは皆さんその道の有資格者。ここ大分で建設業の国家資格を持ったプロの集まり。
建設業と単に言っても、その中を紐解くとたくさんの多業種で成り立っているのです。

じつは普段の仕事では交わることが少ない我々、
有事の際、災害対応において何を果たせるかが協議されました。

防災、減災に向けての普段の活動。
有事の際、被災者の人命や財産を守るため行ってきた活動。
経験から見えてきた課題など。
資格を与えられた士だからできることは多く、また行政を含めた連携がそこは重要です。

またこれらの資格者協会のなかで、共通した課題。
それは後継者が年々減っていること。

建設業の衰退が、次世代の担い手不足に直結している。
これは大分のみならず日本全国でも同様のようです。

有事の際、初動のカギを握るのはやはり地元。
ひとりでも多くのサムライがこれからも増えるよう、建設業の発展を祈るばかりです。

 

大分で家を建てるなら
府内町家もご覧ください

 

categoryカテゴリー

archiveアーカイブ

recent posts最新記事

新築注文住宅府内町家 funai-machiya