TOPへ戻る

大分市で注文住宅や新築を建てるなら、施工実績多数の日本ハウジング

家の気持ちよさを決めるもの

  • 2017.10.11
  • 建築

大分市の郊外、丘と緑に囲まれた土地にこの建物はあります。

そこは昔からある住宅地。どちらかというと、どこにでもある大分の土地なのです。

写真のように、おのずと家の「カオ」は向く方向が決まってきます。

緑のおかげで別荘のように見えますが、「家がリゾート」となるような設計をこころがけました。

数字の広さではなく感覚の気持ちよさ。ひろびろとして気持ちがいい、感性に訴える家となりました。

基本的にはワンルームのような空間。

1階と2階がつながって、視線をさえぎるものをできるだけ排除したリゾートのような家。

緑と空に向かって窓を開け、「線」を少なくし「面」で魅せる。

そしてここがいちばん重要なのですが、デザインが生活の邪魔をしてはいけないというルール。

これからこの場所で新しい生活が始まります。

どんな暮らしが営まれるか、とても楽しみであります。

 

大分の木造住宅

府内町家もご覧ください。

 

categoryカテゴリー

archiveアーカイブ

recent posts最新記事

新築注文住宅府内町家 funai-machiya