TOPへ戻る

大分市で注文住宅や新築を建てるなら、施工実績多数の日本ハウジング

建物の検査

  • 2017.02.08
  • 建築

建物は、ただ図面通りに施工会社が建てているのではありません。

建築中に数回、専門機関の検査を受けなければなりません。

今日は、その専門機関の一つであります『一般財団法人大分県建築住宅センター』へ、

建築工事が終了した時に受ける「完了検査」の申込みに行きました。

写真①_R

写真②_R

写真③_R

完了検査申請書という書類があります。内容は、

建築主・設計者・工事監理者・施工者が誰であるか。

建築地はどこか。

検査項目に対して、どのような方法でチェックを行ったか。

等を申請書類に書き込み、受付に提出します。

検査当日は、検査員が現場を確認し、合格か否か判断していただきます。

完了検査に合格すると「検査済証」が発行され、工事完了となります。

 

なかなか専門機関の方にお会いする機会はないかもしれません。

しかし、そういった方達が皆様の建築の安全性に携わっている事で、

無事に引渡しの日が迎えられるということを、頭の片隅にでも置いていただければと思います。

 

大分の木造住宅

府内町家もご覧ください。

 

categoryカテゴリー

archiveアーカイブ

recent posts最新記事

新築注文住宅府内町家 funai-machiya