TOPへ戻る

大分市で家を建てるなら実績多数の日本ハウジング

  • 大分で土地を探す方法find land

この記事を読んでわかる事

  1. 大分の土地事情
  2. 土地を探す前にしておくべき準備
  3. おすすめの土地探し方法
  4. 失敗しないためのコツ

contents

  • 大分で土地を探す
    物件の写真
    大分で土地を探す

    近頃は大分市内等の人気エリアで納得のいく価格で希望の土地を購入することがとても難しくなっています。
    実際、ここ数年は以前に比べ数百万円高い相場で土地が売買されているように感じます。事実、地価公示価格よりも高い価格で売りに出されている土地が大半です。
    皆さん口々に「納得が行かない、高すぎる…」と言われますが、土地には定価というものが無く需要と供給でのバランスでおおよその価格が決まるため、特に人気のエリアや条件が良い土地は、割高に感じても大きな金額を出さなければ手に入らないというのが現状です。
    現在はインターネットの普及により、不動産業者に行かなくても手軽に売り土地情報を探すことが出来るようになりました。希望のエリアや価格などを登録しておけば、新着物件のお知らせが届きます。
    以前に比べれば情報は各段に多く手に入るようになった筈なのに、なぜ「納得のいく価格の土地が少ない・見つからない」という声があがるのでしょうか?
    その理由として次のような要因が考えられます。



    物件の減少

    大型団地の分譲がなくなった

    最近は大分市内の大型団地開発が行われていません。そのため以前のような新規の大型分譲地が無くなり、売りに出されている土地は既存住宅の再販が大半を占めるようになり全体的な土地の供給量が減っています。

    資料棚の写真


    災害増加の影響

    法律の規制が厳しくなった

    近年は自然災害が非常に多くなった為、安全確保の為に法の規制が厳格になりました。例えば、より厳しい規制で今ある擁壁が不適格と判定された土地はそのままでは家を建てることができず、結果的に割高な物件になります。法に見合う基準の家を建てる為には多額の費用がかかるようになりました。


    ハザードマップの公開

    自然災害によるレッドゾーンやイエローゾーン、洪水浸水地域など、ハザードマップが公開されています。そのためそもそも購入の候補にあがらない土地が前よりも増えました。



    土地購入に当てられる予算の減少

    以前より家に対して高い性能が求められる様になり、高性能化にともない家の価格が上昇したため、。土地にかけられる金額が相対的に低くなりました。実質的に土地購入費に充てられる予算が減ったと言えるでしょう。

  • 土地を探す前に
    やっておきたいこと
    リビングの椅子にクローズアップした写真
    土地を探す前にやっておきたいこと
    FPと相談して予算の上限を決めておく

    家づくりを考え始めたら一番始めに検討すべきことは予算の上限を決めることです。現在の収入と支出を把握することももちろんですが、自分達のこれからの人生でどれだけお金がかかるのか、人生計画にそった予算立てをすることが大事です。

    そのためにはプロのファイナンシャルプランナーさんにお願いして、きちんとしたライフプランニングを立てる事が必要です。子供たちの学費や、ご両親の介護費用など支出が必要なタイミングと収入のバランスを計算してもらいましょう。そうすることでここまでは借りられるが、これ以上は後の生活が苦しくなるなど、予算の目安が分かり、成功する家づくりをする事ができます。土地と家の購入は、住み始めてからの暮らしが豊かになって初めて本当に成功したといえます。



    自分達の優先順位を決める

    本当に自分達の理想の家を建てようと思ったら、家族みんなの価値感についてよく話し合いをしておくことが大事です。家族全員にとって譲れない条件と、そこまで拘らない条件を把握しておくとよいでしょう。お金をかけるべき所と、そこまでお金をかけなくてもよい所を家族で共有しておくことで、計画がスムーズに運びます。 例えば人気エリアで高めの土地購入を優先するのであれば、家はコンパクトでも構わない、あるいはエリアはそこまで限定しないのであれば他のエリアも検討してみるなど優先順位にそった資金配分をすることで全体の計画が上手くいきます。

    陽にあたる木の木馬の写真


    親族の同意(意見)を得る

    家を建てる事を決めたら、ご両親にも相談しましょう。意外なアドバイスを得られる場合もあり、家族円満に話をすすめるためにも事前に話を聞くことが大切です。極端な例では計画の最終段階で反対をされてしまうケースもあります。逆に思ってもいなかった資金援助の話しが出るかもしれません。話を進めてしまうまえに、ご両親・ご親族の意見も聞くようにしましょう。

  • 実際に土地を
    探す方法
    日本ハウジングが施工した家の外観
    実際に土地を探す方法
    インターネットで探す

    家づくりを考え始めたら一番始めに検討すべきことは予算の上限を決めることです。現在の収入と支出を把握することももちろんですが、自分達のこれからの人生でどれだけお金がかかるのか、人生計画にそった予算立てをすることが大事です。

    そのためにはプロのファイナンシャルプランナーさんにお願いして、きちんとしたライフプランニングを立てる事が必要です。子供たちの学費や、ご両親の介護費用など支出が必要なタイミングと収入のバランスを計算してもらいましょう。そうすることでここまでは借りられるが、これ以上は後の生活が苦しくなるなど、予算の目安が分かり、成功する家づくりをする事ができます。土地と家の購入は、住み始めてからの暮らしが豊かになって初めて本当に成功したといえます。



    希望土地エリアを歩いて探す

    ある程度住みたいエリアが決まったらそのエリアの周辺を歩いてみましょう。範囲が広い場合は車でも構いません。そのエリアでどれだけ空き土地があるのか、またその価格はいくらなのか調べることで土地の相場が分かります。空き土地があったら、売り出しの看板を確認し記載の不動産業者に連絡してみましょう。



    不動産業者と協力する

    エリアによってはそのエリアの土地情報を多くもっている不動産業者がいます。そうした不動産業者を訪れ、直接話を聞くことも大事です。自分達は熱心に土地を探しているんだという熱意を伝え、定期的に電話をし新しい土地情報はないかなど聞く事をおすすめします。たとえ土地情報がなくとも、不動産業者さんに熱心に土地を探している人だと認識してもらうことで新しい土地を紹介してもらえる確率も上がるかもしれません。



    福光邸の内装の写真
    ハウスメーカーと協力する

    ほとんどのハウスメーカーは土地探しからお手伝いしてくれます。また土地は一般の人が見るだけではその土地が安いのか高いのか分かりません。なぜなら土地代以外にも家を建てるための費用がかかる場合があるからです。たとえ土地代は安くとも、それ以外の費用がかかり割高になってしまう土地もあります。 法律が厳しくなったことで必要となる擁壁や、排水を流すために必要な勾配など、不動産屋さんだけでは想定できず、実際の家を設計するハウスメーカーでしか計算できない費用が存在します。そういった費用の概算はハウスメーカーに相談しましょう。



    仮審査を済ませる

    予算の上限が決まり、ハウスメーカーに実際の総費用を出してもらったら仮審査を受けましょう。仮審査を受けるのは実際に借入をする銀行でなくとも、まずは大丈夫です。まだ銀行が決まっていない場合は、自分の口座のある金融機関でまずは仮審査をだしてみましょう。仮審査に通っていることで、不動産屋さんからスムーズに土地の情報を得ることが出来るようになります。

  • おすすめの
    土地の探し方
    西日に照らされるリビングの写真
    おすすめの土地の探し方
    まずは土地探しのパートナーを決めよう

    本格的に土地探しを始める前に、土地探しのパートナーとなるハウスメーカーを選びましょう。家づくりをする人は誰でもどこかのタイミングでハウスメーカーを決める必要があります。それを土地探しの前に決めてしまうのが最大のコツです。
    決めた上限予算の範囲内で、土地と家の価格のバランスをとることがとても大事になりますが、理想の家を作るハウスメーカーをどこにするかで土地にかけられる予算も変わってきます。全体の予算は変えずに、理想の家づくりとそれを可能にする土地の条件を、パートナーのハウスメーカーと一緒に検討して一緒に探すことが建築計画を成功させる秘訣です。
    パートナーのハウスメーカーを選ぶには、まずはハウスメーカー各社のHPを訪問して、その中で家族と考えた優先順位をかなえられそうなハウスメーカーを2~3候補に絞ります。候補の会社には、資料請求をしたりしながら、実際に見学に行くといいでしょう。

    ハウスメーカーと相談している写真


    パートナーと土地探しを計画的に行う

    住宅メーカーを決めたら、土地探しをする計画をたてましょう。現在の大分の状況では土地探しは決して容易なものではありません。無計画ににだらだらと続けるよりも集中して土地探しをする期間を設けた方が効果が出ますし精神的にも楽です。もしその期間内に見つからないとしても、次回のスタート時期を決めた上で少し休み時間をおいて(土地情報は見つくしてしまうので)またトライするといいでしょう。



    候補地がでたらパートナーにお願いすること

    土地探しはひとの出会いにも似ています。偶然に左右されながら探していると、「これは!」という土地が出てきます。その時に、その偶然の出会いを無駄にしないために、素早く購入の決断が下せるのかどうかが土地探しの要諦とも言えます。

    ただ非常に高額な買い物ですから、いざとなると迷いが生じがちです。ですからその時がきた時にすぐに決断できるように、準備が必要です。希望の家の規模や条件をハウスメーカーに伝え、総予算をすぐに計算できるよう準備しておきます。いい条件の土地がでたら素早くハウスメーカーと情報共有して、候補地のラフプランを作って全体予算を計算してもらい、お客様はそれを見て特に問題がなくて、心が踊れば、できるだけ早くその土地を購入する意志を不動産業者に伝えましょう。ここだけはスピード勝負で、ハウスメーカーとの連携が必要です。 土地探しで成功するには準備と計画が大事です。

  • 土地探しを失敗しないために!
    土地購入後にわかった「困った事」事例
    グラスに入ったお茶をクロースアップした写真
    土地探しを失敗しないために!土地購入後にわかった「困った事」事例

    上水道あり

    土地情報に「上水道あり」とだけかかれていたが、「前の道路にあり」という意味で実際は宅地内部まで引き込みが必要だった。 通常は上水道は建物の予算にも入らないため、土地を購入する際に実際にいくらかかるのか別途見積もりを取ることが大切です。そうした見積もりはハウスメーカーにお願いしましょう。


    擁壁

    土地情報に「上水道あり」とだけかかれていたが、「前の道路にあり」という意味で実際は宅地内部まで引き込みが必要だった。 通常は上水道は建物の予算にも入らないため、土地を購入する際に実際にいくらかかるのか別途見積もりを取ることが大切です。そうした見積もりはハウスメーカーにお願いしましょう。



    麻生智也様邸のキッチンの写真


    側溝が浅い

    全面道路の側溝が浅く、浄化槽からの勾配がとれずに排水が流れない為、高低差を作るために宅地に盛り土造成工事が必要ということが後でわかった。
    浄化槽からの排水を側溝に流すには、水が流れるための勾配が必要になります。キッチンや浴室の位置によっては側溝までの距離が長くなればなるほど宅地にたくさん土を入れないとながれなくなってしまうため、土地を購入する際はだいたいの配置を検討しておくことが大事です。
    プロのハウスメーカーに頼むと検討している土地のどこにリビングを設けたらよいかや、外からの視線と周辺の景色などを考慮してゾーニングをしてくれ、そのうえで側溝までの勾配の検討をしてくれます。もちろんそれも土地次第ということになりますので候補地がでたらパートナーのハウスメーカーに相談し、ゾーニングを済ませ、排水計画なども検討しましょう。土地を購入する際はそういったすべての条件を考慮して全体の概算予算を出すことが大事です。



    支払いの期間が急すぎてローンが間に合わず、急遽身内からお金を借りないといけなくなった

    融資計画もパートナーに相談しながらすすめるとよいでしょう。融資のタイミングなどは金融機関によって様々です。金融知識もある頼れるパートナー選びをする事が大事です。

土地情報land information

大分県で土地をお探しの方へ
日本ハウジングがピックアップしたオススメの土地をご紹介します。

  • 日出町の土地情報 NEW

    土地

    人気の日出町で6区画分譲地販売開始!

  • 土地情報|郊外なのに便利な土地 NEW

    土地

    利便性と田舎暮らしの良いとこ取りが出来る土地