TOPへ戻る

大分市で注文住宅や新築を建てるなら、施工実績多数の日本ハウジング

杉材ローテーブルの完成

  • 2018.06.22
  • インテリア

お施主様のお家に杉テーブルをお届けしました。

ダイニングテーブル用で、通常の高さ700mmで作製予定だったものを、急きょ500mmのローテーブルに変更。200mmカットする事になりました。

ローテーブルというと床に座って、お茶をしたり書き物をしたり、というイメージで300~400mmの高さが多いです。
今回は500mmにする事で、お持ちのソファ+素敵な円座と合わせてご使用されるそうです。
和円座ともマッチしていて、和洋を選ばず使用できるのも、このテーブルの良さです。
一石二鳥ですね!

杉材のテーブルなので、杉の床ともよく馴染んでいました。
広いリビングの中心に大きなローテーブル、きっと、ご家族皆様のくつろぎの場になるのでしょうね。

弊社のオリジナル家具はお客様の使い方に合わせて、テーブルを作ります。
サイズは様々です。
1350~1800mmの幅が人気ですが、今回のようにご要望に応じてオリジナルサイズでの制作が可能です。
先日は、天板と脚の素材を変えて、色に変化をつけたりとユニークなオリジナル家具が完成しました。

弊社のモデルルームには杉テーブルを展示しています。
ぜひ、実際に座り心地をご体感ください。

 

暮らしを彩る家具&雑貨
インテリアショップtsu-naguもご覧ください。

 

categoryカテゴリー

archiveアーカイブ

recent posts最新記事

新築注文住宅府内町家 funai-machiya