TOPへ戻る

大分市で注文住宅や新築を建てるなら、施工実績多数の日本ハウジング

アナログレコードが聴けるモデルハウス

  • 2014.03.15
  • 建築

写真1

府内町家モデルハウスに、ご覧のようなステレオ装置(古い!)を設置しました。

アンプは1971年製のラックスマン。

トランジスタですが真空管からの移行期のアンプなので、音が柔らか。

ラックストーンと呼ばれる音色が気持ちいいのです。

写真2

山下達郎さんのように「棚からひとつかみ」ではなく、両手にいっぱいのレコードを持ってきました。

レコードはCDとくらべて音がしっとり柔らかなんですね。

聴き疲れしません。

ソフトロック、ジャズ・フュージョン、クラシックなどなど。

同じタイトルのCDもあるので聴きくらべるのもおもしろいかも。

写真3

なによりも珪藻土と杉でできた吹抜けの空間は、自然な音響空間で絶品です。

音がこう、バァーっと広がって包み込まれるような感じがして、とても素敵です。

アナログレコードが聴けるモデルハウス府内町家へ、ぜひお越しください。

categoryカテゴリー

archiveアーカイブ

recent posts最新記事

新築注文住宅府内町家 funai-machiya