TOPへ戻る

大分市で注文住宅や新築を建てるなら、施工実績多数の日本ハウジング

外との繋がりを持たせる家づくり

  • 2018.12.07
  • 建築

家づくりを考え始めた時に、きっと、住み心地の良い家をつくりたい、
そう思う方は大勢いらっしゃると思います。
住み心地が良い、の捉え方は人それぞれで全く違うものでしょう。
動線がスムーズ、外部を気にしないで生活できる、床や壁に使用する素材、
家族の団欒とプライバシーがきっちり分かれている等々・・・。
本当に色々な考え方がありますが、先日完成した府内町家の家づくりで、
外との繋がりが心地良く感じられる物件がありましたので、ちょっとご紹介。

解放感溢れる空間を、大事に考えて家づくりを進めてきました。
お子様が思いっきり走り回れたり、庭で遊んだり、家の中どこにいても心地良い、
そんな空間を実現するためには、外との繋がりは切ってもきれないものでした。
冒頭の写真はリビングスペースです。
この場所に居ると、家の中にいるのか外にいるのか、一瞬分からなくなるような
感覚を覚えます。

各窓の外には、何気ない日常風景ではありますが、山や田畑の自然色が
家の中を絵画のように彩ってくれます。
窓は、光や風を入れるだけのものではなく、景色を取り込むもの。
家と外はひとつに繋がっている。
そういう住み心地の良い家づくりも、大切かと思います。

 

大分で家を建てるなら
府内町家もご覧ください

 

categoryカテゴリー

archiveアーカイブ

recent posts最新記事

新築注文住宅府内町家 funai-machiya