TOPへ戻る

大分市で注文住宅や新築を建てるなら、施工実績多数の日本ハウジング

骨だけになりました

  • 2017.08.30
  • 建築

臼杵市ではじまりましたリノベーション工事。

まずは解体が進んでいます。

 

骨格だけを残し、裸になった築35年の建物。

天井裏の大きな牛梁が姿をあらわしました。

見ての通り、とても状態のよい構造体。

今回の工事では、ここに足りない柱や壁を足していきます。

 

事前に検討しておいた構造計算を満足できるように、現地と照らし合わせて行くわけです。

そこは新築工事にはない仕事ですね。

丁寧に1本1本の柱を確認していきます。

 

まだまだ始まったばかりのこの工事。

冬の完成を目指しスタートです。

 

今あるモノを活かす

府内町家リノベーションもご覧ください。

 

categoryカテゴリー

archiveアーカイブ

recent posts最新記事

新築注文住宅府内町家 funai-machiya