TOPへ戻る

大分市で注文住宅や新築を建てるなら、施工実績多数の日本ハウジング

紙管でつくる

  • 2017.07.13
  • 建築

紙管間仕切り(PPS)

だれでも組み立てができる、紙管と布でつくる簡易間仕切りシステムです。

 

この度の豪雨、ここ大分県でも日田地区をはじめ被害が発生しました。

避難指示を受けた地区もありました。

 

避難所での生活。

場合によってはそこでの長期生活を強いられます。

大きな避難所での集団生活においては、

プライバシーの保護、健康状態の維持、衛生管理が必要不可欠。

規模によってはそれが、短期に大量に必要になります。

 

そこでこの紙管間仕切りシステム。

建築家の坂茂さんが考案し、去年の熊本地震などにも提供されてきました。

写真は東日本大震災時の様子。

 

この度、大分県施設整備課より呼びかけいただき、

建築士会の一員として紙管間仕切りの準備作業を行いました。

まだ設置要請はありませんが、いつでもお届けできるようにとの準備です。

 

被害が出た地域の皆様、心よりお見舞い申し上げます。

被害の対応に尽力していただいている皆様、心よりお疲れ様です。

 

一刻も早く、事態が終息することをお祈り申し上げます。

 

大分の木造住宅

府内町家もご覧ください。

 

categoryカテゴリー

archiveアーカイブ

recent posts最新記事

新築注文住宅府内町家 funai-machiya