TOPへ戻る

大分市で注文住宅や新築を建てるなら、施工実績多数の日本ハウジング

応急仮設木造住宅

  • 2016.01.19
  • 建築

東日本の震災からはや5年が経過します。

ここ大分県でも、南海トラフ沖地震が起こると予想されています。

その確率は、この30年の間で60%と予想されており、

3万を超える建物が全壊し、10万人を超える人が被災すると報じられています。

 

先日、大分市内において、

「応急仮設木造住宅に係る施工技術講習会」が実施されました。

id_249671437[1]_R

県内の工務店や大工さん、県や市の職員の方々など多くの方に参加をしていただきました。

 

その名の通りの、応急仮設木造住宅。

資材豊かなこの大分県において、県内の木材を使わない手はありません。

地域の材料を使って、地域の大工さんが、地域の為に仮設住宅を建設する。

 

このサイクルを起こすことで、資材購入費や工事賃金などが大分に留まります。

それこそが復興の第一歩になるのではないでしょうか。

P1060400_R

講習では、東北の仮設住宅建設において、陣頭をとった講師にもご教授いただきました。

午前中の座学を終え、午後からは実際に住宅を建設しました。

P1060411_R

9坪平屋の仮設住宅。

今回は上棟までを行いました。

大分県中から集まった大工さん。

P1060424_R

お互い初めて顔を合わす大工さんですが、そこはプロです。

みるみると、一棟の木造住宅が組みあがりました。

P1060429_R

そこには、県北、県央、県南など、また、官民の壁はありません。

それぞれが建築のプロとして、誇りを持って臨む事業になるんでしょうね。

 

もちろんこの応急仮設住宅の出番が来ないことが一番です。

しかし準備は怠れません。

定期的にこの講習が開催されればと思います。

 

今あるモノを活かす

府内町家リノベーションもご覧ください。

 

categoryカテゴリー

archiveアーカイブ

recent posts最新記事

新築注文住宅府内町家 funai-machiya