TOPへ戻る

大分市で注文住宅や新築を建てるなら、施工実績多数の日本ハウジング

創業300年

  • 2015.08.24
  • 建築

福岡県大川市、

家具や、建具の町としてよく耳にします。

市内には、多くの河川が注ぎ、水や自然も豊かな町です。

 

それを背景に、寛永8年から醸造酢つくりを続けているのが

庄分酢さんです。

KIMG0822_R

その本社は、250年を超える建物で、市の指定文化財となっています。

この度は、この指定文化財のなかで食事ができるとの情報を入手し、

さっそく行ってきました、庄分酢さん!

 

外観は漆喰の壁に、瓦が乗る。昔ながらの重厚な町屋ですね。

保全にも多くの労力を注いでいるのでしょう、すごく状態のよい外観です。

食事はこの2階でいただけました。

迫力ある小屋梁の下で、庄分酢さんのお酢料理をいただきました。

 

室内は、必要以上に手を入れることなく、建物本来の形や架構に沿った造り。

素朴でシンプルで。

だから、家具や、料理が室内空間に彩りを与えてくれます。

 

古くから残る建物。

どこの町でもよくある光景で、この大川市が特別な光景ではないと思います。

KIMG0801_R

ただそれに価値を見出し、労力を掛け今も受け継ぐ。

受け継ぐだけではなく、利用する。利用してもらう。

 

そのように展開できる、持ち主だったり、買い主だったり、ときにはそれが行政だったり。

そしてそれをカタチにする我々技術者だったり。

更地に建てる新築建物より諸問題も多いでしょうが、

想いを持ち、手を挙げてくれた人への力にこれからも力になりたいと思います。

 

今あるモノを活かす

府内町家リノベーションもご覧ください。

 

categoryカテゴリー

archiveアーカイブ

recent posts最新記事

新築注文住宅府内町家 funai-machiya