TOPへ戻る

大分市で注文住宅や新築を建てるなら、施工実績多数の日本ハウジング

暑いから窓を考える

  • 2015.08.09
  • 建築

暑い日が続きますね。

そこでですが、皆様のお家の暑さの原因。

その7割近くは「窓」、と言われてるのをご存知ですか?

 

こちらの写真は、サーモグラフィカメラで撮影したものです。

thermalcamera_20150805_111003_R

thermalcamera_20150805_110939_R

せっかく気持ちの良い南側にでっかく窓を作ったのに、それのせいで暑いだなんて…

庇を出したり、グリーンカーテンを考えたり。

回避の仕方はいくつかあります。

 

最近では、ペアガラスや樹脂サッシなども多く流通し、耳にしたこともあると思います。

が、それらは新築や増築をするお家には一般的になってきましたが、昔からの現在、建っているお家はどうか。

 

ガラス1枚のアルミサッシがほとんどではないでしょうか?

僕も、実家はもちろん、住んでいるアパートもそれです。

 

こんな暑い日は、とても窓際には近寄れず、アルミ部分に触れようものなら、「アッチッ!!」となるのが容易に想像できます…。

 

無理もないです。

アルミの熱伝導はすこぶる高いし、ガラス1枚の熱抵抗はトタン1枚と変わらないのですから。

言ってみると、窓際でストーブを焚きながら、天井ではクーラーフル回転。といった具合ですね…

 

じゃー、今ある窓はどうしたらよいか。

 

方法はいくつかあるんです。

ガラスを性能の良いものに変えたり、内側にもうひとつ窓をつけて二重にしたり、ときには窓ごと入れ替えたり。

 

お家のリノベーションを考えるとき、住まい方や、間取りや、心地よいデザインに夢は膨らみますが、

やはり根底は快適な住空間。

暑さや寒さの考え無くしては先に進むべきではないと思います。

 

この真夏日に、改めて思い知らされました。

皆様、快適で心地よい夏が過ごせるように「窓」を考えてみては。

 

今あるモノを活かす

府内町家リノベーションもご覧ください。

 

categoryカテゴリー

archiveアーカイブ

recent posts最新記事

新築注文住宅府内町家 funai-machiya