TOPへ戻る

大分市で注文住宅や新築を建てるなら、施工実績多数の日本ハウジング

薪ストーブの着火って

  • 2014.01.12
  • カフェ

薪ストーブの着火は難しいと思っていませんか?

実際に薪ストーブを使用されている方、これから薪ストーブの購入を考えていらっしゃる方、どなたも必見の着火方法です。

モデルハウスでは、今までは新聞紙をぐしゃぐしゃに丸めて火を点けていました。しかし府内町家のOBの方から「牛乳パック」を使うといいよ、とのありがたい情報が。

新聞紙よりも火保ちがいいので、途中で消えることがないそうです。

僕も何度か途中で火が消えてしまい点けなおした経験があります。

「牛乳パック」にはロウが塗られていて、そのおかげで火が持続するそうです。

さっそく「牛乳パック」で実験開始。

写真1

この作り方は自己流ですが、写真のようによく乾かした牛乳パックをハサミで切って丸めます。

空気や火の通りをよくするためです。

写真2

その上に燃えやすい杉の切れ端を置きます。

小さいもの大きいものへ順に積んでいきます。そしてマッチで着火。

写真3

消えることなく火がうつりました。

いい感じ。

写真4

これだけ燃えると後は安心です。

火がうつり難い広葉樹の木をくべます。

写真5

温度計を見ると、もうちょっとで200度というくらい。

なかなか成績がいいですね。

炎がゆらゆらとフィラメントのようになるとすごくいい状態です。

写真ではわかりませんがいい感じで燃えています。

200度に達するまで約30分くらい。

われながら早くなったと思います。

いかかでしか?牛乳パックは必需ですよ。

写真6

categoryカテゴリー

archiveアーカイブ

recent posts最新記事

新築注文住宅府内町家 funai-machiya