TOPへ戻る

大分市で注文住宅や新築を建てるなら、施工実績多数の日本ハウジング

注文住宅の府内町家、工事真っ只中です。

  • 2018.02.28
  • 建築

注文住宅を建築中のN様邸。

幸いなことに、今までの工事中に天候不順もなく、着々と進んでいます。

大工工事が一通り終わり、内装と外装工事の真っ最中です。

LDKにはご夫婦の専門書とお子様たちの本を一緒にしまう、

大型の本棚と勉強するためのカウンターが設置されています。

家族みんなが集まるスペースの一角にある、温かみのある杉材での造作。

注文住宅ならではの醍醐味ではないでしょうか。

室内は湯布珪藻土を施工するために、パテ処理を行っています。

石膏ボードの継目やビスがそのままだと、仕上がりが凸凹になり、

湯布珪藻土が割れてしまうからです。

2階の寝室には、大事な建物を支える大きな梁が表しになっています。

ブランコを下げたくなるような気分にさせてくれます。

将来、個室に分けたくなった時に分けやすいように、

入口は2か所設け、室内の一部に壁を建てています。

一部屋なのですが、場所によって少し印象が変わったようにも感じられ、

注文住宅の良さが活かされています。

 

お客様それぞれの暮らしに合わせてご提案していく注文住宅。

家族それぞれが、どういう風に動いて、どういう風にくつろいで等、

様々なことを想像しながら設計し、打合せを進めていきます。

N様、もう少しで完成です。楽しみにしていて下さいね。

 

大分の木造住宅

府内町家もご覧ください。

 

categoryカテゴリー

archiveアーカイブ

recent posts最新記事

新築注文住宅府内町家 funai-machiya