TOPへ戻る

大分市で注文住宅や新築を建てるなら、施工実績多数の日本ハウジング

家づくりの前には事前調査を

  • 2018.03.10
  • 建築

家づくりのご依頼をいただいた時、

希望の土地に家を建てられるかどうか、色々な調査が必要になってきます。

法律的に家が建てられる地域なのか、

役所に行って確認したり、時には役所の方と協議したり、

現地で確認したりしながら家づくりの事前調査を進めていきます。

この日は建設予定地の前面道路を測量。

道路の幅がどのくらいあるか、

どのくらいの長さ敷地と接しているか、

測量チームと記録チームに分かれて調査・作業をしていきます。

道が狭いところだと、現場の担当者はトラックが入れる場所なのか、

実際に工事に入った時に困りそうな部分も確認します。

 

このような事前調査が終わったらいよいよプラン、打合せに入っていきます。

間取りを決めて、窓の位置や収納、仕様など…決める必要のあることはたくさんあります。

その中の一つが家の「配置」。

更地状態の土地に、これから建てる家の実際の大きさ、

場所にあわせて縄をはる「地縄張り」を行い、お客様に現地で確認してもらいます。

実物大なので、スケール感も良く分かります。

全ての調査、打合せが終わったらいよいよ着工です。

3月頭から大分市で1件、府内町家の工事が始まりました。

完成は7月予定、今から完成が楽しみです!

 

大分の木造住宅

府内町家もご覧ください。

 

categoryカテゴリー

archiveアーカイブ

recent posts最新記事

新築注文住宅府内町家 funai-machiya