atop

町と人を豊かにする住まい

およそ2年ぶりにお邪魔した大分市のI様邸です。

佐藤:2年間暮らしてみてどうですか?
I様:いいです。風通しがいいのでジメジメしない。夏は涼しくて、じつは冬は寒くないんです。薪ストーブはつけなかったけど、いらなかったです(笑)。あと、リビングが広い!家が好き!

リビングが生活の中心になっているようです。吹き抜けをとおして会話ができたりして、家族の気配がどこにいてもわかる、そんな素敵なリビングです。吹き抜けにオープンな階段があるのですが、奥様いわく「上がってみたくなる階段」だそうです。座ったり遊んだりして「階段」を階段以上の使い方で楽しんでいるみたいですね。

佐藤:家具の位置がかわったようですね。
I様:なんども場所がかわりました。ようやく落ち着いた感じがします。暮らしてみないとわからないのが実感ですね。その分、模様替えが楽しいです。家具はすぐ買うな、フレキシブルに。

佐藤:ご主人は?I様:すぐ家に帰ってくるようになりました。落ち着くので。みんなからおちつく家っていわれます。

以前震度5の地震があったとき、奥様は起きなかったそうです。なんだか安心感(守られている感じ)があるなあと。

家を建てるとき、府内町家にした決め手は?

I様:モデルハウスの落ち着いた雰囲気が決め手です。明かりの具合なんかがちょうどいい。あと、描いていただいたラフスケッチですね。あの手作り感がやばい。

豆乳食パンを手作りされている奥様、ご主人と娘さんにかこまれて幸せな時間をすごされています。リビングが中心の家は、そのまま家族が中心の暮らしになっていったのですね。

暮らすの最新記事

  • 府内町家

    田園にうかぶ府内町家

  • 府内町家リノベーション

    自然を感じるリノベーション

  • 府内町家

    町と人を豊かにする住まい

  • 府内町家

    敷地を好条件に変えた、笑顔の絶えない家

  • つなぐ家

    つなぐ家で暮らす S様邸

  • 府内町家リノベーション

    毎日が楽しいリノベーション