TOPへ戻る

大分市で注文住宅や新築を建てるなら、施工実績多数の日本ハウジング

可変性がテーマのダイニングテーブル

  • 2021.04.19
  • インテリア

また一つ、新しいダイニングテーブルの形が完成しました。

 

 

ダイニングテーブルと言えば長方形。

そんな方が多い中、弊社での人気No1は丸テーブル。

 

その魅力は…

 ・角がないのでお部屋の雰囲気が柔らかくなる

 ・座る人数を選ばず複数で囲むことが出来る

 ・テーブルを囲むと皆の顔が見え、会話が弾む

 ・角がないので導線がスムーズ

こんな声が多く聞かれます。

 

新しいダイニングテーブルのテーマは可変性。

最近話題の「住まいの可変性」私たちも随分前からお伝えしていましたが、

今回はダイニングテーブルの可変性を御紹介。

 

ダイニングテーブルはもともと固定されていないモノなので、変化しやすいように2つで1セットにしたのが今回のポイント。

2つのテーブルをくっつけると、皆さんお馴染みのダイニングテーブル。

2つのテーブルを壁に並べると、カウンター、LDKの一角にお子様の勉強スペースができました。

 

窓辺に並べるとカフェ気分でお茶を楽しめそうです。

 

お子様の成長に合わせて、それぞれの個室にもっていけば勉強机。

 

窓辺のベンチ前にあわせてテーブルをL型に組み合わせたのが写真の形。

丸テーブル同様に座る人数を選ばず複数で囲むことが出来、会話も弾みそうです。

この日は7名でテーブルを囲んでみました。

 

新しいものに取り換えることなく、その時々の暮らしに合わせて「変化」できるダイニングテーブル

住まいとともに永く使い続けることができるため、こちらも無垢材で制作しました。

皆さん、いかがですか。

categoryカテゴリー

archiveアーカイブ

recent posts最新記事