大分で家を建てるなら実績ある工務店の日本ハウジングで情報収集

メニュー
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • nav_home_off
  • ブログ
  • インテリア
title

ダイニング

2019.04.15
インテリア

春になりたくさんの草花が色鮮やかに咲いているのを見かけるようになりましたね。
いつもの風景がパッと明るくなり、気持ちもフワフワ浮きがちな今日この頃です。

今回は我が家のダイニングをご紹介します。
我が家のダイニングは以下の写真の通り、大きな窓があります。

ここはもちろん食事をする場所ではありますが、窓があることで家族の会話が増えました。
最近だと冒頭でも話したように、我が家の庭でも木々が花を咲かせたため、

「花が咲いてる!」と喜びを家族で共有したところです。

ダイニング=食事という意味ですが、現在はダイニングは随分多様化しているといえます。
食事はもちろん、お子様が勉強する場所。そして家計簿を付けたり洗濯物を畳んだり、家事をする場所にもなっているようですね。
みなさんはどんな使い方をしているでしょうか?

そして我が家のダイニング家具は日本ハウジングで揃えました。
県産杉の天板のダイニングテーブルとベンチ。
そして座り心地を重視したチェア。
どれもお気に入りなのですが、特に気に入っているのはテーブルです。
写真では伝わらないのがとても残念なのですが、肌触りが良く気持ちがいいのです!
これも柔らかい杉ならではの風合いですね。

こだわりは人によって様々でしょうが、お気に入りポイントを見つけるとモノに対しての愛着が増し、大切に使いたいという気持ちも湧いてくるのではないでしょうか?

 

大分の暮らしを彩る
インテリアショップtsu-nagu

 

素材だけではないリネンの魅力

2019.02.24
インテリア

リネンカーテンの魅力といえば、ナチュラルさや質感もありますが、窓から入る陽の光を優しく美しくお部屋の中に取り込んでくれるところも外せません。
後回しになりがちな窓まわりですが、カーテンもお部屋の重要なインテリアです。

家の素材だけでなく窓周りや家具の素材にもこだわる方が増えているなか、私たちが御提案するのは厳選したリネン100%をベース素材に使用したモノ。

シェードのカーブが自然。
この自然なカーブはリネンならでは、可愛すぎない柔らかさも魅力の一つです。

色物や柄物は時代がわかってしまうものが多いですが、リネンはシンプルが魅力で、何年経ってもオシャレ。
ナチュラルなのに、落ち着いていて品があるので年齢を問わず好まれます。

他には、ホコリがつきにくいという魅力も。
日本でカーテンと言えば、その9割がポリエステルなどの化学繊維です。でも、帯電性のある化繊は静電気が発生しやすいので、空気中に漂う塵を吸い寄せてホコリが付き、風が吹くたびに室内にホコリが舞うことになります。(無垢材や珪藻土のお話を聞かれた皆さんならご存知ですね)
清潔ということだけでなく、喘息やアレルギーをお持ちの方にとっては重要なポイントです。
子どもがカーテンに包まって遊ぶ姿を目にしますが、リネンのカーテンなら笑顔で見守ってあげられますよ。

最後はリネンの素材について。
リネンとはフラックスと呼ばれる植物の茎を原料とする麻の種類のひとつです。麻の種類にはヘンプ(大麻)、ジュート(黄麻)、ラミー(芋麻)・・・だいたい20種類くらい。麻と言うと「しわになりやすい」「かたくてゴワゴワした感じ」「ちくちくして肌触りがいまいち…」などといったイメージがありますが、それはリネン以外の麻のもの。リネンはまったく違います。本当のリネンはやわらかくなめらかです。ほどよいしわ加減も風合いのひとつ。キッチンクロスやベッドクロスに使われることも多く肌触りも抜群です。また天然素材リネンはお部屋の湿気を吸ったり吐いたり無垢の木と同じく呼吸しています。湿度が高いときは繊維に湿気を含み湿度が低いときは吐き出す。リネンが伸びたり縮んだりするのも呼吸をしているから。使うほどに味わいが増し魅力がふえる魔法の布リネンで丁寧に仕上げたカーテンです。

Book Cafe くらぼの店内ではリネンシェードを使用しています。
気になる方は是非一度ご覧ください。
ご相談は隣のインテリアショップにて承ります。

 

大分の暮らしを彩る
インテリアショップtsu-nagu

 

ペレットストーブの着火方法

2018.12.23
インテリア

冷え込む日が増えてきました。
冬のくらぼの魅力のひとつでもあるペレットストーブが活躍する時期ですね!

ペレットストーブ…
暖かさがじんわり、体の芯から温まってくる感じがなんとも心地いいんです。
ゆらゆらの炎をみながらリラックスされているお客様を見かけるとそれだけでもほっこり癒されます♪

さて、そのペレットストーブですが自動着火装置を持つものと、人の手によって火をおこして着火させる方式の2種類があります。
自動着火はその名の通りスイッチをONにすると、ペレット燃焼ボックスに装備された電熱線に電流が流れて赤熱するので、そこへペレットが落下したら火が着く仕組みです。

現在3台のペレットストーブがありますが、インテリアショップtsu-nagu2階にあるペレットストーブ(写真上)は自動、1階にあるペレットストーブ(写真中)とくらぼのペレットストーブ(写真下)は手動です。

大分の暮らしを彩る
インテリアショップtsu-nagu

 

大人気アイテム『キューブモード』

2018.10.26
インテリア

くつろぎ度がアップする、そしてとにかく様々な使い方が楽しめる便利な人気アイテム『キューブモード』のご紹介です。

インテリアショップtsu-naguには現在お買い得価格でおすすめの4色の『キューブモード』
(ブラウン、レッド、ライムグリーン、アイボリー)を展示しております。

ソファと同じ色にする方や、同系色の色を選ぶ方、
またはアクセントカラーとして全く違う色を選ぶ方、いろいろ選べるのも人気です。
そして人気の理由のひとつがカバーが洗濯可能なこと!

端っこのチャックを上げて、マジックテープを外すと簡単にカバーを剥がす事ができます!
またカバー取付も簡単にできます。

小さなお子様やペットがいるご家庭でも、丸洗いできて汚れても安心ですね。

さらに『キューブモード』のサイズはおよそ40cm×40cmのサイコロ型。

女性でもひょいっと簡単に持ち運びができるくらい軽くて、小さいサイズです。

ソファのオットマンとして使ってもよし、
来客が来た時に、自分が座るスツールとして使ってもよし、
お子様が遊ぶテーブルとしてもよし。
使い方は人それぞれ。

こんな小さいのに、オットマンにも、イスにも、遊び道具にもなってしまう『手頃なんだけど、すごく使える!』
そんな可愛い『キューブモード』をお部屋にひとつ置いて、より快適な生活を送ってみてはいかがですか!

是非直接座ったり、持ち上げたりして『キューブモード』の良さを実感して下さい。

ご来店お待ちしております♪

 

大分の暮らしを彩る
インテリアショップtsu-nagu

 

かっこいいインテリアで家づくり

2018.10.15
インテリア

家づくりの際どんなイメージで飾るかを考えると、とても楽しくなりますよね。
今回は、かっこよくアクセントになっているインテリアでの家づくりのご紹介です。

まずは傘が薄いデザインのペンダント!

家自体が白くシンプルなので、黒色がよく効いています。でも部屋全体で眺めると意外にそんなに主張していないんです。さりげないかっこよさがあります。また、光源が目に刺さない仕様になっており柔らかく照らしてくれます。光源の色を電球色で選べば、ほかの照明を消してペンダントだけ灯すとさらにかっこよく照らしてくれますよ!

 

つぎは木製のブラインド!

ブラインドというと会社などで使われているイメージが強いですが、木製なので家との親和性は高いです。また濃い色合いなので、開けた時と閉めた時の印象がかなり違います。明りの調節で。光を取り入れながらも利用できるので家でも使いたくなってしまうデザインになっています。
レースやドレープと違い、形も素材もカチッとしているのでかっこよさがあります。時にはブラインド上げてで外の景色を取り入れ明るく開放的に使用し、時には下げてインテリアの1つとして部屋の中で楽しむのも気分転換になりますよ!

好みはシンプルな物から凝ったものまで様々で、好きなものを飾ることも大事ですが、どのように過ごしたいかを考ええて選ぶとさらに家づくりの幅が広がります。
インテリアをきっかけに少し踏み込んで暮らし方を考えてはいかがでしょうか。

 

大分の暮らしを彩る
インテリアショップtsu-nagu

 

ⓒ 2015 Nihon Housing co.