大分で家を建てるなら実績ある工務店の日本ハウジングで情報収集

メニュー
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • nav_home_off
  • ブログ
  • エクステリア
title

ナチュラルな庭づくり

2019.05.15
エクステリア

ナチュラルな庭づくりの 「ナチュラルな庭」とは?
自然の…ありのままの状態の庭。 という事は、植物をほったらかしにしてても、自然に育ってくれるってこと⁈ そんな、手入れもしないでいい庭ができたら…。最高ですよね(笑)

ナチュラルな庭を作るためには、自分の庭の植えたい場所の環境や条件を知って、そういう場所を好む植物を植えれば、みんないきいきと健康的に育ってくれる。
もちろん、日陰の多いところでも大丈夫。
植物を健やかに育てるためのプロセスも重要。

まずは、
①庭を観察する。
ひなたか?日陰か?植物の身になって、1日の日照の変化を知る。
朝日か西日か?一日中、ポカポカなのか?

②周囲の植栽を観察する。
家の周辺を散歩がてらリサーチしてみる。
多用されてる植物は、その地域の環境や条件に合って、長く使われてきた証拠。

③環境に合う植物を知る
庭の環境に合う植物を知っておくと、植物の選びの幅がぐんと広がる。
まずは、自分の植えたい植物から調べてみる。

④庭に合う植物を選ぶ 花だけでなく葉ものにも注目する。
色や形の美しい葉もので庭の骨格を作ると、自然の森のような落ち着いた雰囲気になる。

もうひとつ大事なこと。それは、土づくり。
肥料や薬いらずの、よい土を作ること。
森のようなフカフカの土には、落ち葉やミミズや微生物が大きな役割を果たしている。
腐葉土や堆肥を加え、よい土づくりを目指しましよう。

なるほど…この要点をしっかり頭に入れて、庭づくりを始めたら、ナチュラルな庭づくりができそうです。

庭づくりのベースになる植物。
庭木を植える。
大小の庭木で、高さが出て立体的になる。
小さな庭なら低木がおススメ。
樹高4mぐらいまでの木、それなら狭い場所でも自然樹形が楽しめる。
そして、草花を組み合わせて、グラウンドカバーの植物を選ぶ。
グラウンドカバーとは、地面を隠すために植物を植栽する。
グラウンドカバーは、季節が変わっても、色や形を変え、いつも風景に溶け込む植物を選ぶのがおススメ。
だんだん、ナチュラルな庭づくりに挑戦してみようって思ってきませんか?

暮.Laboにも、グラウンドカバーの植物が花を咲かせています。
可愛い花を見ると、少し心がほっこりしますね。

駐車場のところに、この子達が、ちょこんと飾られてるのを発見。 またもや、心がほっこり。

大分の庭づくりは
ガーデン&グリーン「春夏秋冬にお任せください

 

表札のはなし

2019.04.24
エクステリア

 ≪ 春夏秋冬 作庭ばなし 2019‐新緑の頃 ≫

「令和」素晴らしい新元号となる新しい日本。

そこで外構担当の古賀もブログのスタイルを少し変えてみようかと思いつきました。
内容はさほど変わりませんが、庭造りにおいて感じる事、考えている事、等などを綴っていこうと思います。
タイトルもずーと一緒です。私が書いているとわかるように(笑)
今回は4月のブログなのでタイトルは

「春夏秋冬 作庭ばなし 2019 新緑の頃」   です。。。。。  パクリです((笑))

タイトルとしてよい言葉を佐藤さんに相談しましたが、、、どっか行って戻ってきません。。。

さて今回は表札について「春夏秋冬」の庭造りの考え方を書いてみようかと思います。
「表札」て最近では、無くても良いかな・・・という方も増えてきました。防犯も考えてとか。。。
しかし玄関前はお家の顔です。風水的にも玄関は「気」の出入り口であり、良い運を呼び込むには、表札は欠かせないアイテムの一つだという考えもあります。
誰が住んでいるかわからないと郵便などが誤配されたりすることもあるそうです。 
賃貸アパートに暮らす私も自分の表札というものは出したことがありませんでした。
しかし「自分用に作ってみたい!!」と感じたものがあったので数年前に表札を作ってみました。

個人的に石が好き。。。
協力:安東石材店

そしてまた最近も自分用に作ってみたい!という表札が出てきたのでオーダーしてみました

鉄板です。
錆びているように見せかけたヴィンテージ加工塗装を施し文字をカットしたものです。
3月にお引渡しをしたお施主様にご提案した表札です。
協力:佐藤防水店

玄関前アイテムのイメージを考えるポイントとして
・家の佇まい
・お施主様の雰囲気
・周囲の雰囲気
・門柱の種類
・アプローチの長さ
ポストも同様ですが、こういったことを考えながら、どんな風に合わせていこうかと考えています。

入社当時は表札ってきっとお施主様が、色々とカタログを見ながら選ぶのがウキウキするだとなぁと考えてましたが、
山ほどある種類の中からフォントも考え、選び決めるのは結構大変なようです。
で、私の勝手な独断ですが(笑)選んでもらうのではなく、こちらが提案するという風に変えていきました。
もちろんイメージとしてご提案して、そこからさらに深堀していく感じです。
こういうエクステリアのアイテムってアクセサリーと同じで、家・庭造り全体がコーディネートされていないとなんか変。。しっくりこない。。

 このシャツにはこのピアス
 このコートにはこのマフラー
 この靴にはこの靴下

だけどちょっと遊んでさし色入れてみた・・・みたいな感覚です。
色々なことを考え、思い浮かべながら、PC画面とにらめっこしています。

次回は5月です  5月は「何の頃にしようかな。。。。

            *** 春夏秋冬  Chinatsu・Koga ***

 

大分の庭づくりは
ガーデン&グリーン「春夏秋冬にお任せください

 

「庭造り」と「家造り」

2019.03.13
エクステリア

今回の古賀のブログはちょっと自慢話です。
現在、お打ち合わせの資料作成で使っているCADはRIKCADというCADを使用しています。
そこの会社からのお誘いで、東京と大阪でセミナーをおこなってまいりましたーーー。

メインは社長の話です。ご存知の通り我が社では、建物・インテリア・外構を同時設計しています。
私たちは普通に行っている事ですが、一般の工務店・エクステリア専門店においては、なかなか我が社の様にはいかないようです

エクステリアの視線からしても、建物が完成してからの外構の打ち合わせは、手戻りも多く
出来たら早い段階で打ち合わせに入りたい。しかし考え方の合う工務店と出会い、タッグを組むのは簡単なようで難しいもどかしさ・・・

そこで、『府内町家』が誕生するまでの話や、大分らしい家造りの説明。
我が社が今のスタンスに至った経緯や考え方、で、私は外構の施工事例を大都会の方々に伝えてまいりましたーー。

司会が1人いて、質問形式で話を進めました。社長はいつものように、流調に話していますが、私は
人前に出て話をすることが初めてなので、スーパー緊張しました。
ですけどキッチリとセリフを作って行っていたので、何とか乗り切りました。

私なりの庭造りの考え方や、コンセプト決め。このプランに至った経緯や根拠。
そしてお施主様へのプレゼンテーションの前に、社内で行われる厳しい社内プレゼンの話など
熱くアツく語ってまいりました!

東京会場はなんと青山!。しかも神宮外苑の銀杏並木のご近所でして、この景色、見てみたかったとこだったんです!
ビルの中には高級家具ブランドのCassinaが入っていてキラキラ女子が沢山働いておりました。

実は高校の修学旅行以来東京には行ったことが無く・・・ここぞとばかりに都会の風を浴びてきました。

私たちが考えてること、やってること、庭造りや家造りがとても誇りに思え、私自身すごく良い経験をさせていたセミナーでした。

 

大分の庭づくりは
ガーデン&グリーン「春夏秋冬にお任せください

 

冬はインテリアみたいな庭づくりを部屋の中にしよう

2019.01.04
エクステリア

寒い冬がやってきました。
庭の植物たちも、落ち着いた色合いになり、冬のお庭は、ちょっと寂しい雰囲気にもなりますね。
冬のお庭では、イルミネーションやクリスマスモチーフを飾ったり、寄せ植えなどをして楽しむ事もできますが…。

外が寒いと、自然とお部屋で過ごす時間が増えてきます。そこで、おススメなのが、お家の中で楽しめるインテリアグリーンです。
お部屋の中で、インテリアの様に植物を飾り庭をつくる。

寒さに弱い植物も寒さに強い植物も、雑貨と組み合わせてみたり、BOXを使ってみたり、壁面を使ってウォールデコレーションをしたり、シェルフやラックを使ったり、家具を上手に使ったり、限られた空間でも、アイデアしだいでお洒落に飾ることができます。
植物が生活空間にあるだけで、お部屋の雰囲気がぐっと生き生きとして、あたたかみのあるインテリアになります。
お家のインテリアづくりとお庭づくりが一緒にできますね。

 

大分の庭づくりは
ガーデン&グリーン「春夏秋冬」にお任せください

 

木の実 色々

2018.12.14
エクステリア

この季節になると木の実の収穫がちょっと楽しみです、今回はしめ縄作りで使えそうな木の実を集めてみました

シダーローズを拾ったときは、かなり得した気分
シダーローズとは・・・
ヒマラヤスギの松ぼっくり。インドのヒマラヤ地方原産です。すごくおっきくなります。時には60mにまで成長するとか・・・ウルトラマンよりでかいです。。
なので、 庭木というより街路樹や公園で使われているようです。
花言葉は「たくましさ」・・・ だろうねて感じです((笑))
写真の下部分にあるお花の形をした松ぼっくりが、シダーローズ。
中央の卵型のものは球果といい成熟するのに1年かかるそうです

この球果が下の方からぺりぺりと剥がれてきて最後に残った先っちょが、シダーローズとなるのです
拾えるのは11月から1月位。植栽の仕入れにいく阿蘇の山にデカいヒマラヤスギがあり、毎年、無理を言って取ってもらっています

デカい松ぼっくりは大王松という種類のもの。同じ松の仲間でもこんなに違うもんですね。
大王松もどこにでも植わっているものではないので、なかなか手に入らないもんです。

松ぼっくりは置いているだけでも可愛いし、薪ストーブの着火にも最適だそうです。
松も杉も一般家庭の庭木としては少ないと思うので山に入った時などは
木の実やカズラが取れると森からのお土産をもらった気分でうれしくなります。
勝手に採るのは良くないですけど・・・

ツバキの実も種類によって大きさが違うそうです、地味だけど存在感はありますね。

ドングリはモデルガーデンにいっぱい落ちています。いつでも拾いに来てください。

センニチコウは頂き物です。日本ハウジングのOB様に頂いたもので
欲張っていっぱい頂きました。1年位は色が持つのでドライフラワーにして大切に保管したいと思います

さてさて、しめ縄の材料は集まりました、素敵なしめ縄が出来上がりました
またご報告いたします。

 

大分の庭づくりは
ガーデン&グリーン「春夏秋冬」にお任せください

 

ⓒ 2015 Nihon Housing co.