大分で家を建てるなら実績ある工務店の日本ハウジングで情報収集

メニュー
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  • nav_home_off
  • ブログ
  • エクステリア
title

「庭造り」と「家造り」

2019.03.13
エクステリア

今回の古賀のブログはちょっと自慢話です。
現在、お打ち合わせの資料作成で使っているCADはRIKCADというCADを使用しています。
そこの会社からのお誘いで、東京と大阪でセミナーをおこなってまいりましたーーー。

メインは社長の話です。ご存知の通り我が社では、建物・インテリア・外構を同時設計しています。
私たちは普通に行っている事ですが、一般の工務店・エクステリア専門店においては、なかなか我が社の様にはいかないようです

エクステリアの視線からしても、建物が完成してからの外構の打ち合わせは、手戻りも多く
出来たら早い段階で打ち合わせに入りたい。しかし考え方の合う工務店と出会い、タッグを組むのは簡単なようで難しいもどかしさ・・・

そこで、『府内町家』が誕生するまでの話や、大分らしい家造りの説明。
我が社が今のスタンスに至った経緯や考え方、で、私は外構の施工事例を大都会の方々に伝えてまいりましたーー。

司会が1人いて、質問形式で話を進めました。社長はいつものように、流調に話していますが、私は
人前に出て話をすることが初めてなので、スーパー緊張しました。
ですけどキッチリとセリフを作って行っていたので、何とか乗り切りました。

私なりの庭造りの考え方や、コンセプト決め。このプランに至った経緯や根拠。
そしてお施主様へのプレゼンテーションの前に、社内で行われる厳しい社内プレゼンの話など
熱くアツく語ってまいりました!

東京会場はなんと青山!。しかも神宮外苑の銀杏並木のご近所でして、この景色、見てみたかったとこだったんです!
ビルの中には高級家具ブランドのCassinaが入っていてキラキラ女子が沢山働いておりました。

実は高校の修学旅行以来東京には行ったことが無く・・・ここぞとばかりに都会の風を浴びてきました。

私たちが考えてること、やってること、庭造りや家造りがとても誇りに思え、私自身すごく良い経験をさせていたセミナーでした。

 

大分の庭づくりは
ガーデン&グリーン「春夏秋冬にお任せください

 

冬はインテリアみたいな庭づくりを部屋の中にしよう

2019.01.04
エクステリア

寒い冬がやってきました。
庭の植物たちも、落ち着いた色合いになり、冬のお庭は、ちょっと寂しい雰囲気にもなりますね。
冬のお庭では、イルミネーションやクリスマスモチーフを飾ったり、寄せ植えなどをして楽しむ事もできますが…。

外が寒いと、自然とお部屋で過ごす時間が増えてきます。そこで、おススメなのが、お家の中で楽しめるインテリアグリーンです。
お部屋の中で、インテリアの様に植物を飾り庭をつくる。

寒さに弱い植物も寒さに強い植物も、雑貨と組み合わせてみたり、BOXを使ってみたり、壁面を使ってウォールデコレーションをしたり、シェルフやラックを使ったり、家具を上手に使ったり、限られた空間でも、アイデアしだいでお洒落に飾ることができます。
植物が生活空間にあるだけで、お部屋の雰囲気がぐっと生き生きとして、あたたかみのあるインテリアになります。
お家のインテリアづくりとお庭づくりが一緒にできますね。

 

大分の庭づくりは
ガーデン&グリーン「春夏秋冬」にお任せください

 

木の実 色々

2018.12.14
エクステリア

この季節になると木の実の収穫がちょっと楽しみです、今回はしめ縄作りで使えそうな木の実を集めてみました

シダーローズを拾ったときは、かなり得した気分
シダーローズとは・・・
ヒマラヤスギの松ぼっくり。インドのヒマラヤ地方原産です。すごくおっきくなります。時には60mにまで成長するとか・・・ウルトラマンよりでかいです。。
なので、 庭木というより街路樹や公園で使われているようです。
花言葉は「たくましさ」・・・ だろうねて感じです((笑))
写真の下部分にあるお花の形をした松ぼっくりが、シダーローズ。
中央の卵型のものは球果といい成熟するのに1年かかるそうです

この球果が下の方からぺりぺりと剥がれてきて最後に残った先っちょが、シダーローズとなるのです
拾えるのは11月から1月位。植栽の仕入れにいく阿蘇の山にデカいヒマラヤスギがあり、毎年、無理を言って取ってもらっています

デカい松ぼっくりは大王松という種類のもの。同じ松の仲間でもこんなに違うもんですね。
大王松もどこにでも植わっているものではないので、なかなか手に入らないもんです。

松ぼっくりは置いているだけでも可愛いし、薪ストーブの着火にも最適だそうです。
松も杉も一般家庭の庭木としては少ないと思うので山に入った時などは
木の実やカズラが取れると森からのお土産をもらった気分でうれしくなります。
勝手に採るのは良くないですけど・・・

ツバキの実も種類によって大きさが違うそうです、地味だけど存在感はありますね。

ドングリはモデルガーデンにいっぱい落ちています。いつでも拾いに来てください。

センニチコウは頂き物です。日本ハウジングのOB様に頂いたもので
欲張っていっぱい頂きました。1年位は色が持つのでドライフラワーにして大切に保管したいと思います

さてさて、しめ縄の材料は集まりました、素敵なしめ縄が出来上がりました
またご報告いたします。

 

大分の庭づくりは
ガーデン&グリーン「春夏秋冬」にお任せください

 

どんなお庭に住む?

2018.12.05
エクステリア

とても素敵だったので1枚。
四季を楽しめる日本の庭、やっぱり素敵です。

「どんなお庭に住む?」
こんな風に考えたことありますか。

日本には四季があり、春 夏 秋 冬、それぞれの季節をそれぞれに楽しむことができます。
窓の外に目を向けると四季を感じられるお庭…素敵ですね。

春にはハナミズキ。
梅雨には紫陽花。
夏はムラサキシキブ。
秋は紅葉。
冬は…ボケ。

ブルーベリーやオリーブ、カボス、実のなる樹木も楽しみたいですね。

当然ですが、日本ハウジングのお庭づくりは四季を大切にしています。
名前にピッタリのお庭づくり。

目で楽しみ、鼻で楽しみ、口でも楽しむことのできるお庭。
忙しい日々の中で自然を感じることができ心が安らぐはずです。

1つ心配なのは手入れ。
忙しい日々の中で雑草とどのように付き合っていくのか…。
自然なお庭づくりをおこなうと雑草が目立たない、気にならないという声が聞こえてきますが、
入居して4年のお施主様からは、樹木が成長すると地面に日が当たらなくなり雑草が減ったと嬉しい情報が入ってきました。
防草シートや除草剤を上手に使っている方も多いですね。

どんなお庭に住む?
まずは日本ハウジングのお庭を見てみませんか。

 

大分の庭づくりは
ガーデン&グリーン「春夏秋冬」にお任せください。

 

待ちどおしい御引渡し

2018.11.19
エクステリア

お引渡しまであと3週間。

足場もなくなり、外構が終えると家の姿が周りの風景となじむ頃です。

ご近所の方々も「いよいよ新たなご家族がいらっしゃのですね。」と

楽しみにお声掛けいただけて私どもも嬉しい限りで

なんだか ウキウキ ソワソワ していました。

そんな中、施主様より ・・・・・

「畑に植え物していいですか?・・・待ちきれなくて・・・・。」

とご相談が^^

お子様と一緒に現場へいらっしゃいました。

現場監督と相談し、植えて頂いたのがこちら

かぼすの木です

大分ですね^^♪♪

小さな手で一生懸命スコップを握ってる姿に

ぽかぽかあったかい気持ちにさせていただきました。

施主様と過ごさせて頂く家づくりの時間はそろそろ終盤。

年内の御引き渡しですと、
ストーブの火入れ式、クリスマス会に、年越しと

ご家族のイベントも日本ハウジングの新しい木の家で

過ごしていただけますねぇと、

施主様と一緒に、ご入居されてからの暮らしを思い浮かべながら

太陽の下、デッキでひととき。

「クリスマス会には、この家に30~40人集まるんです♪」・・・・・と施主様。

・・・・・驚!!!

人が集まる家にしたいんです。と家づくりを始められたのですが・・・規模が!!

なかなか集められる人数ではないので、驚いてしまいました。

人徳と行動力に頭がさがります。

木の家で、ストーブの前でクリスマス会。

サンタ役でもトナカイ役でもいいので出席してしまいたくなりました(笑)

 

大分の庭づくりは
ガーデン&グリーン「春夏秋冬」にお任せください

 

ⓒ 2015 Nihon Housing co.