大分で新築を建てるならリノベーションもできる日本ハウジング

メニュー
2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  • nav_home_off
  • 日本ハウジングブログ
  • 2019年 4月
title

形、フォルム、木造住宅

2019.04.30

今日は形のことを書く。

カタチそれ自体には意味はなく、何かしらの感覚を想起する力があるらしい。 今どきの芸術表現のなかでいちばん形(というかフォルム)にエネルギーを注いでいるのは、じつは映画だという気がする。 2016年に公開されたドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の「メッセージ」に出てくる宇宙船といえば話は早いだろうか。お菓子の「ばかうけ」に形が似ているものの、巨大化した柿の種どころか、ブラン・クーシの彫刻のようにどこか古い遺跡を感じさせる造形美だった。 神秘的で荘厳。「2001年宇宙の旅」にでてくるモノリスを凌駕するような造形である。 おそらくこの映画の製作者たちは、宇宙船のデザインが決まった段階で映画の成功を確信したのではあるまいか。それくらい「形」が(ヘプタポッドの表義文字も含めて)この映画を支配していたのである。

ストーリーを説明してはならない。 これはあらゆる現場のアーティストにとって最初の守るべき鉄則である。 小説、絵画、音楽、建築・・・もちろん映画も。 説明して伝わるくらいなら「誰も絵なんか描かねぇよ」である。 だから何をするか。造形や文体や、音の出し方を研ぎ澄ましてゆくのである。造形や文体や奏法を研ぎ澄ましていった作品ほど素晴らしいものはない。理屈やエゴが入ったり、〇〇らしさを「取り入れたり」するとかなりの確率でダメな作品が出来上がる。変なことを言うようだけど、「言いたいことが山ほどある」アーティストほど表現はつまらない。自分自身も言語化できないけど「何かしら大切なものが隠れているような気がする」ものを一所懸命追い求めることが大事なのである。小澤征爾のブラームスや村上春樹の小説に感じる感覚とでも言おうか、細部とかディティールに神は宿るのだ。 スターウォーズ・ローグワンの監督、ギャレス・エドワーズがいいことを言っていた。 「創造ではありません。サーチ【search】探ることです」 同じ表現者としてギャレスの意見に100%同意する。僕らは創造なんてできないのである。 ここでボードリヤールのシュミレーションとシュミラークルを持ち出す気はないが、実像をサーチすることよりも虚像の創造に向かう(あるいは向かってしまう)惰性を食い止めようとしている表現者がここにいる。

ほとんどの場合作者もなにができあがるかわからない。 建築(僕の場合、木造住宅)などは特にそうで、オリジナリティあふれる意欲的な作品というよりは、手持ちの材料で何ができるか突き詰めて考えるほうがいいと思っている(余談だけど千利休の茶室を呼称する「数寄屋」の数寄は寄せ集めという意味らしい)。

木造住宅は人が暮らすための器である。器が器以上のことをしてはいけない。 だったら何がいい建築なのか(やっと本題に行ける気がしてきた)。 そこに何が必要かを論じるよりも、何が必要でないのかを論じたほうが、はるかにいい建築ができるはずである。ここだけは絶対の自信がある。 いつかデザインの話で書いたことだけど、建築が暮らしの邪魔をしてはいけない。 もっと言うと、いいデザインは美しいから邪魔にならないのであって、そこに理屈や説明や弁解が入ることによって「形が台無し」になってしまうのである。

木造住宅を機械(=機能)としてとらえると(ベンヤミン的機械)大きな間違いを犯す。 美しい器なら話がわかる。 ヴィム・ヴェンダースの「ベルリン天使の詩」を覚えているだろうか。 語り部を失うことを嘆いていた老人(ホメーロス)はベンヤミンのことなのだ。語られることにより神話となっていたものが、文字の発明により物語になった。物語は印刷機械ができたことにより商品になってしまったのだ。

寄り添う

佐藤 隆幸

 

大分で家を建てるなら
府内町家もご覧ください

 

自然派おそうじの基本

2019.04.27

気づけば季節はすっかり春ですね
みなさまお花見はされましたか?

我が家では毎年、衣替えの時期になると 年末年始のように大掃除を開始します!
春の柔らかい日差しのなかでおそうじすると 身も心もスッキリと軽やかになってとても気持ちがいいです♪
ただ、我が家には愛猫がいるため できるだけ自然素材のものでおそうじするよう心掛けています

本日ご紹介するこちらの本には簡単で、効率よく、そして地球にやさしい 三拍子揃った住まいのクリーニングマニュアルが載っています
例えば、素材別の正しいおそうじ方法。
ガラスや鏡を掃除したい時には 炭酸水を汚れた部分にスプレーした後 から拭きすると効果的なんだそう。
また、樹脂やステンレスはとても傷つきやすい素材のため 重曹パウダーでペーストを作ってパックし 溶けた頃にやさしく拭き取ると良いそうです
お気に入りのキッチン雑貨などにおそうじの過程で傷がはいってしまい 何度も落ち込んだわたしには嬉しい情報です! 

手軽に、身近にあるもので 毎日こまめにおそうじ出来ると良いですよね

綺麗になったお部屋で熟睡 心なしか嬉しそう・・・?笑
他にも日常に取り入れやすいおそうじ方法がたくさん載っているので、ぜひBookCafe くらぼにてご覧ください♪

 

暮らし×図書館×カフェ
大分を楽しむならBook Cafe くらぼ

 

表札のはなし

2019.04.24

 ≪ 春夏秋冬 作庭ばなし 2019‐新緑の頃 ≫

「令和」素晴らしい新元号となる新しい日本。

そこで外構担当の古賀もブログのスタイルを少し変えてみようかと思いつきました。
内容はさほど変わりませんが、庭造りにおいて感じる事、考えている事、等などを綴っていこうと思います。
タイトルもずーと一緒です。私が書いているとわかるように(笑)
今回は4月のブログなのでタイトルは

「春夏秋冬 作庭ばなし 2019 新緑の頃」   です。。。。。  パクリです((笑))

タイトルとしてよい言葉を佐藤さんに相談しましたが、、、どっか行って戻ってきません。。。

さて今回は表札について「春夏秋冬」の庭造りの考え方を書いてみようかと思います。
「表札」て最近では、無くても良いかな・・・という方も増えてきました。防犯も考えてとか。。。
しかし玄関前はお家の顔です。風水的にも玄関は「気」の出入り口であり、良い運を呼び込むには、表札は欠かせないアイテムの一つだという考えもあります。
誰が住んでいるかわからないと郵便などが誤配されたりすることもあるそうです。 
賃貸アパートに暮らす私も自分の表札というものは出したことがありませんでした。
しかし「自分用に作ってみたい!!」と感じたものがあったので数年前に表札を作ってみました。

個人的に石が好き。。。
協力:安東石材店

そしてまた最近も自分用に作ってみたい!という表札が出てきたのでオーダーしてみました

鉄板です。
錆びているように見せかけたヴィンテージ加工塗装を施し文字をカットしたものです。
3月にお引渡しをしたお施主様にご提案した表札です。
協力:佐藤防水店

玄関前アイテムのイメージを考えるポイントとして
・家の佇まい
・お施主様の雰囲気
・周囲の雰囲気
・門柱の種類
・アプローチの長さ
ポストも同様ですが、こういったことを考えながら、どんな風に合わせていこうかと考えています。

入社当時は表札ってきっとお施主様が、色々とカタログを見ながら選ぶのがウキウキするだとなぁと考えてましたが、
山ほどある種類の中からフォントも考え、選び決めるのは結構大変なようです。
で、私の勝手な独断ですが(笑)選んでもらうのではなく、こちらが提案するという風に変えていきました。
もちろんイメージとしてご提案して、そこからさらに深堀していく感じです。
こういうエクステリアのアイテムってアクセサリーと同じで、家・庭造り全体がコーディネートされていないとなんか変。。しっくりこない。。

 このシャツにはこのピアス
 このコートにはこのマフラー
 この靴にはこの靴下

だけどちょっと遊んでさし色入れてみた・・・みたいな感覚です。
色々なことを考え、思い浮かべながら、PC画面とにらめっこしています。

次回は5月です  5月は「何の頃にしようかな。。。。

            *** 春夏秋冬  Chinatsu・Koga ***

 

大分の庭づくりは
ガーデン&グリーン「春夏秋冬にお任せください

 

気軽に日本の美術に触れられる1冊

2019.04.21

「BRUTUS No. 886 死ぬまでにこの目で見たい日本の絵100」

美術の知識が皆無の私ですが、絵を眺めるのが好きなので、
タイトルだけでリクエストしたBRUTUSの今号。
現代美術家の会田 誠さんが100枚の日本の絵を選び、
それぞれの絵にコメントが寄せられているという構成になっているのですが、
これが、面白いです!
「はじめに。」で会田さんが掲載の100枚の絵を選んだ理由のあとに、
コメントは現代と悪戦苦闘を続けている実作者の心乱れた放言と思ってほしい、
と書かれています。
会田さんご本人が仰る通り、めちゃくちゃ気味ではありますが、
逆に、そこから絵の作者の背景や技法等、素人の私でもスッと入ってくる、
そんなコメントばかりです。

掲載されている100枚の絵は、カテゴリに分けて紹介されています。
カテゴリについているタイトルも、面白いですよ!
素人の導入編の様相を呈しているので、
タイトルを見て、絵を見て、コメントを読むだけでも、
知らない美術家のことも、すごく知った気にさせてくれます。

特集の最後には、見逃せない2019年の展覧会を紹介してくれていますので、
今度の10連休に、絵を見に行く旅を計画するのもいいかもですね!
くらぼに来られらた時、一度手にしてみてください。

 

暮らし×図書館×カフェ
大分を楽しむならBook Cafe くらぼ

 

古民家、新しい基礎を手に入れる。

2019.04.18

古民家リノベーションの現場は1度目の曳き工事を終え、基礎工事へと進みました。
新築同様の基礎が骨組みだけになった古民家とツーショット。なんとも珍しい画像です。

言葉にすると「新しく作った基礎の上に古民家の骨組みを載せるんでしょ」って事なんですが、現実はそうは甘くないのです。

プレカットなんて無かった時代の建物ですから柱一本一本それぞれ大きさが違いますし、位置も躯体の捻じれやソリによって本来あったであろう位置からずれていたりする訳です。 採寸を繰り返し、推理しながら基礎の寸法や土台の位置を決定していかなくてはならないのです。 それこそ経験カンがモノをいうところです。 正しく腕の見せ所。やってやろうじゃありませんか!

とはいえ、実際に古民家の躯体と基礎がドッキングするまでは緊張感が堪りません。

 

曳き屋さんの細心の注意を払いながらの工事によって無事に新しい基礎の上に古民家の躯体が載りました!

これから微調整を行ないながらレールを取り外して土台と締結していきます。

終わってしまえば何事も無かったかのように新築の基礎の上に古民家が載っている訳ですが、人知れずこんなドラマが有ったのです。 今回の工事で、床下にシロアリや腐朽菌によって被害を受けていた部分を一新して、頑丈な土台とベタ基礎を手に入れることが出来ました。 これによって耐震的にも、家を長持ちさせるためにも良い効果がえられます。 古民家リノベーションならではの工事ですね。

大きな山場を越えた古民家リノベですが、やっとここから大工さんの出番です。
張り切って参りましょう!

 

大分で家を建てるなら
今あるモノを活かす府内町家リノベーション

 

ti_01
ⓒ 2015 Nihon Housing co.