大分で家を建てるなら実績ある工務店の日本ハウジングで情報収集

メニュー
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • nav_home_off
  • ブログ
  • カフェ
title

今、どんな旅がしてみたいですか?

2019.01.16
カフェ

地球の歩き方が発刊している、
「今、こんな旅がしてみたい! 絶対!行きたい!海外旅行計画」
年が明け、今年もどこかにいきたいな~と思いながら、目に付いた1冊です。

この雑誌では、世界中から毎年30か所ずつセレクトしているとのこと。
行ったことのある国でも、初めて知る地域や行事があり、興味津々です!
上の写真は、ドバイとシャウエン。
近未来的な都市ドバイと、青くて風情溢れるシャウエン。
この対比の写真に、行ってみたいという思いが強くなってしまいます。
この他には、ムーミンの美術館がリニューアルされたフィンランドのタンペレ、
映画「美女と野獣」に登場した図書室のモデルがあるポルトガルのコインブラ、
壮大なスケールのアメリカのイエローストーン国立公園、
ガイド付きの野生動物ウォッチングができるコスタリカ等々。
とにかく夢が膨らむ内容で、毎年の刊行が楽しみです。
地球の歩き方が監修しているので、観光ベストシーズンや費用の目安、
予約の方法や、旅先で使える知恵もバッチリ掲載。
今年の旅の予定を、くらぼでくつろぎながら立ててみませんか?

 

暮らし×図書館×カフェ
大分を楽しむならBook Cafe くらぼ

 

大分の味噌を使った365杯の味噌汁

2019.01.10
カフェ

お味噌汁が心にも体にも染みる~!
そんな季節になってきましたね。
毎日お味噌汁を作るのも簡単なわけではないですが、今日は何を入れよう?って具を考えるのが、正直これまた面倒ですね。。
そんな時にお助け!な本がブックカフェくらぼにあるんです。
我らが誇る大分のフンドーキン監修のこちらの一冊

『365杯の味噌汁』
この本一冊で、なんと365種類のお味噌汁レパートリーが出来ちゃいます。

とある一ページを見てみましょう。

こんな感じで、日にちまで書いてくれてあるので、今がどんな野菜や具材が旬なのか、そして優柔不断な方は日付通りのお味噌汁を作れば、もう献立に悩む必要もなくなっちゃうという一石二鳥になってますよ!
『八宝菜風味噌汁』や『かぶとベーコンのミルクスープ』など、自分でら思いつかないような斬新なお味噌汁ばかりで見ているだけでワクワクします。

私は、寒い冬には特にたまごを入れて作るお味噌汁が好きなんですが、お味噌汁にたまごというと、たいていはまるごと入れてる方が多いのではないでしょうか?
ですが、こちらで紹介されている『ほうれん草の卵とじの味噌汁』などは、卵をとじてフワッとしたたまごのお味噌汁がとっても美味しく仕上がりました。
卵とじと言うと、ニラの卵とじを思い浮かべますが、ニラほど青臭さもないので、お味噌汁とも相性抜群でとってもオススメです。

ブックカフェくらぼで暖まりながらご覧になってくださいね。

 

暮らし×図書館×カフェ
大分を楽しむならBook Cafe くらぼ

 

大分の冬にオススメの鍋料理

2018.12.27
カフェ

12月に入り、急激に寒くなってきました。
仕事が終わって家に帰り着いたとき、温かいスープや鍋が食卓に並ぶことが多くなったのではないでしょうか?
そんな寒い時期にオススメのくらぼの本をご紹介♪

「まいにち小鍋」
レシピ本大賞 in Japan 2016 で「ダブル受賞」した大人気料理家がまとめた本。

鍋は大人数!と思いがちですが、そうじゃない。
1~2人で食べられる「小鍋」のレシピ集。
この時期になると、冷蔵庫にあるものでとりあえず鍋にしよう!と鍋を食べることが多いですが、実は鍋には利点がいっぱいあります。

①疲れて帰っても10分で作れてすぐに温まる
②肉、魚、野菜がとれるので栄養バランスが抜群!
③とにかく安い!
④誰でも作れるし洗いモノも少ないから、忙しい人にはぴったり
⑤お酒にも合うから家飲みが出来る
⑥だいたい使いやすい素材は決まっているので、買い置きができる

そして何より365日飽きないメニューがたくさん紹介されています。
最近は市販の鍋の素もたくさんありますが、この本なら家にある調味料でちゃちゃっと調理。
私でも作れそうなので、早速次のお休みに作ってみたいと思います!

くらぼには鍋やスープの本が他にもあります。
貸出可能ですので、是非皆様も借りてお家で試してみてください♪

 

暮らし×図書館×カフェ
大分を楽しむならBook Cafe くらぼ

 

『心も身体もスッキリする本』

2018.12.10
カフェ

くらぼには暮らしをより豊かにするヒントが詰まった様々なジャンルの本が多数ございます!

その中でもここ数年でリクエストが多く、
一気に増えたのが「断捨離」や「ミニマリスト」に関する本です。

11月の新入荷本にて新たに仲間入りした本もございます。

ゆるりまいさんの
『わたしのウチにはなんにもない。3』です。
まもなく貸出スタートとなります。

コミックエッセイ『わたしのウチには、なんにもない。』のシリーズ本で
くらぼにはすでにシリーズ1とシリーズ2がありましたが、大変好評で貸出も多く、
リクエストいただきシリーズ3も入荷となりました♪

著者のゆるりまいさんは写真付きで自宅を紹介するスタイリッシュなブログが評判で
断捨離ブログランキング1位「なんにもないぶろぐ」の汚部屋脱出コミックエッセイとして話題を集めました。

テレビや雑誌でも紹介され、2016年2月には夏帆さん主演で
NHK BSプレミアムにてドラマ放送もありさらに注目されました。

「捨てたい病」を発症した著者と「捨てられない病」の家族との戦いをコミック化で再現し、
サラッと読めて、思わず笑ってしまうマンガタッチの本で、あっという間に読めてしまいます。

巻末カラーには、ゆるりまいさんのおうち拝見コーナーもあり!
「100個適当なものをもつより10個のお気に入りを持ちたい」というポリシーを元に、
一生大事にしていきたい家具や、ひとつで何役もこなす便利なものなどの紹介もあり見所満載です!

1巻目は「なんにもない」に至るまでの話がメイン。
2巻目は、掃除&片づけのノウハウを具体例を挙げて紹介。
3巻目は…
ネタバレになっちゃいますので、ぜひくらぼでご覧ください♪

そしてこれを機会に、大そうじと断捨離も気候のいいこの時期にこなし、
お家がスッキリした後は心と体をスッキリに!!

寒くなってもおウチで無理なくリフレッシュできる本も多数ございますのでこちらもどうぞご覧ください。

暮らし×図書館×カフェ
大分を楽しむならBook Cafe くらぼ

 

お家のインテリアにアクアリウムを取り入れてみませんか?

2018.12.03
カフェ

アクアリウムとは
水生生物の飼育設備の事を言います。
水族館のような大型施設からお家の中で、インテリアのひとつとして置く水槽もアクアリウムです。

アクアリウムをお家のインテリアに取り入れると、ストレスや緊張感を和らげ、リラックス効果か期待できることから、人気が出てきてるようです。
小さいな水槽に可愛い魚たちを入れ、自分で岩や水草などのレイアウトをしアレンジできるのも楽しみのひとつ。
住まいの個性をより引き立たせるインテリアアイテムになりますね。

水槽の規模によっては、床の補強などが必要になる場合もある為、設置方法やサイズが限られてくることもあるかも。
内装と一体感を持たせたい場合なども、家づくりの最初の段階で、相談をされた方がいいかもしれません。

大きな水槽も魅力的ですが、小さなボトルなどにお魚と水草を入れ、そっと窓辺などに置くのもいいですね。
きっと日差しが差し込むと、水辺がキラキラ輝いて素敵なインテリアになりそうです。

ブックカフェにはアクアリウムの本もご用意しています。
是非ご覧ください。

暮らし×図書館×カフェ
大分を楽しむならBook Cafe くらぼ

 

ⓒ 2015 Nihon Housing co.