TOPへ戻る

大分市で注文住宅や新築を建てるなら、施工実績多数の日本ハウジング

木の家の木製面格子

  • 2019.01.07
  • 建築

外部窓辺に和のコーディネート。
面格子(めんごうし)のご紹介です!

面格子とは窓の外側に設置する部材の事です。
一戸建てであれば、キッチンやトイレ・浴室といった
水回りの死角になりやすい、
北側の窓などに取付されることが多いです。

窓における防犯対策にも役立つ、
窓の屋外に格子状の面を作り、
外部からの侵入を防ぐことができます。
縦状のものを横に配列したルーバー状のものなど、
種類・デザイン共に色々あります。

素材はアルミ等の金属製のものが主流ではありますが
木の家の当社では、木製面格子を作成することがあります。

面格子には防犯の役割もありますが、
外と内の間をとりもち、
開けすぎず閉じすぎない
絶妙な距離を作ってくれる役割もあります。

今回は、防犯用と言うより
外と内をやさしく繋ぐ木の家ならではの
木製面格子を
実際にお客様のご要望で取付しましたので
室外・内からの写真をご覧ください。

アルミ製とは違って、
室内から見た質感も
やさしく、木肌の温もりある仕上がりになっていますね!

是非、木の家日本ハウジングの
完成見学会などで
実際の建物を見て
木のぬくもりを体感してください。

 

大分で家を建てるなら
府内町家もご覧ください

 

categoryカテゴリー

archiveアーカイブ

recent posts最新記事

新築注文住宅府内町家 funai-machiya