大分で家を建てるなら日本ハウジングのブログで情報収集

メニュー
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  • nav_home_off
  • ブログ
  • エクステリア
title

夜をえがくひかり

2018.07.04
エクステリア

少し前になりますが福岡で開催された照明セミナーに参加してきました
照明セミナーの中でもエクステリアに特化したセミナーは数少ないのでワクワクしながらの参加です

コイズミ照明という照明器具メーカーの「ⅬCR」という部署の方が講演をしてくださいました
「LCR」なんだかカッコいい名前! ライティング・クリエティブ・ルームの略だそうです!

我が社も作りたい!「GCR」ガーデン・クリエイティブ・ルーム!

照明の役割は日本古来の考え方も交えて奥が深い
きらびやかにただ照らすのではなく「マインドを刺激する」のが大切らしい。

美しさを感じる光の演出は確かに見ていて飽きないですよね。
ただ美しいだけではなくキチンと役割も果たしている
それが一日中見られるわけでなく夜にならないと見ることが出来ない・・・ここもまたポイント

基本的な役割や配置はきっと大昔から変わっていないもの。灯篭の灯がLEDに変わったけれど
・おもてなしの灯
・導く灯
・目線の先を照らすさそう灯
・歩きやすく配慮する灯
そして全体のコーディネート
寺院や墓地、庭園を歩いてみるとよくわかると思います。

昔から灯篭にも「障りの木」を植え小さな灯で木々を照らして人々は夜の風景を楽しんでいました
今でも変わらず照明の先や周辺には樹木があり四季折々の夜の風景を楽しんでいますよね。
こんな日本人独特の感性 私は大好きです
樹の照らし方一つにしても技術ではなく感性では外国の方には負けないものをもっています

夜をえがくひかり たっぷりマインドを刺激されてきました!

 

大分の庭づくりは
ガーデン&グリーン「春夏秋冬にお任せください。

 

今年のグリーンカーテン

2018.06.29
エクステリア

毎日、嫌な“梅雨”が続いていますが…
これが明ければ、暑~い夏が待っています。

それに備えて、当店では今年もやっております!

“グリーンカーテン”

昨年のグリーンカーテンは、「サンパラソル」等のお花で行っていましたが、今年はどんな植物でしょう?

・トロピカルフルーツ
・白花ゆうがお
・オーシャンブルー(ノアサガオ)

などのお花です。

まだ“カーテン”にはなっていませんが、順調につるが伸びてきています。

それといっしょに、(たぶん蝶々の) 青虫(!?)も成長しています。(つるや葉の裏で、ニョロニョロやってます。)

お花とともに、夏まで見守っていきたいと思います。

“グリーンカーテン”に興味のある方は、こちらの本を参考にしてみてはいかがでしょうか。

皆さん、くらぼにご来店の際は、ぜひ「窓際のお席」で成長課程をご覧下さい!

 

大分の庭づくりは
ガーデン&グリーン「春夏秋冬にお任せください。

 

無農薬野菜作ってみませんか

2018.06.16
エクステリア

実家の小さな庭の一角には少しずつの野菜が植えられたプランターがいくつかあります。

プランターにはチマサンチュ・チシャ・パセリ・トマト・ネギなどなど…さらに夏を迎える頃にはピーマンにししとうにオクラにと仲間が増えてきます。
どれもほんの少しずつですが1人2人で食べるには十分な量の野菜が所狭しと出来てきます。

昔は当たり前に食卓に並んでいたので気にもとめてなかったのですが、自分で買い物をし料理をするようになった頃からその野菜のみずみずしい美味しさに気付かされることとなりました。

くらぼには野菜作りの本はもちろん、とことんこだわりたい方のために土づくりの本もございます。

野菜の中でも特にミニトマトやナスは病害虫に強く、育てるのにもあまり場所を取らないのでプランターや植木鉢でも十分に育てられるそうなので、一人暮らしの小さなベランダでも大丈夫ですね。

スーパーでも手軽に手に入る野菜ですが、自分で育てた採れたての野菜が食べれるなんて魅力的です♪

くらぼの本を参考にして、安心安全おいしい無農薬の夏野菜育ててみませんか。

大分の庭づくりは
ガーデン&グリーン「春夏秋冬にお任せください。

 

梅雨に咲く紫陽花

2018.06.10
エクステリア

梅雨が近づくと紫陽花があちらこちらに咲き始めます。
小さな花がひとつにまとまり、ボタンのように華やかな花になる紫陽花。
紫陽花を育てるには土の管理と水やりがポイントです。
ピンク色の紫陽花を育てないなら、アルカリ性の強い土を用意し、青色の紫陽花を育てたいなら酸性の土を用意すると、土のPH度合いによって花の色が変わるそうです。
お家の庭に紫陽花を植え、どちらの色が出てくるかを楽しみに待つのもいいですね。

これからやってくる梅雨。ジメジメした季節ですが、雨だからこそ、お家で過ごす時間が増えるので、お庭の花を眺めたり、趣味の時間を過ごしたりと、、、楽しんで梅雨を過ごせるといいですね。

大分の庭づくりは
ガーデン&グリーン「春夏秋冬にお任せください。

ハナズオウのリクエスト

2018.06.06
エクステリア

樹を植える=管理が大変。。。
多くの方が第一に浮かぶイメージだと思います。

もちろんメンテナンスフリーの樹木はなく、お水をあげたり、伸びすぎた枝を切ってあげたりなど
管理は必要になりますが、あまり手がかからず、それでいて葉や花がきれいで、四季を楽しめる
そんな樹木はやはり庭木として人気があります。

一般的に一番人気はやはりシマトネリコですかね。。キラキラとした黄緑色の葉が一年中楽しめる
常緑樹。そのほか落葉樹ではヤマボウシ・ハナミズキ・ツリバナ・エゴノキなど色々あります。

先日、お客様からリクエストを頂いた樹木。私も大好きでよく植える樹です

花蘇芳 ハナズオウ

 

サクラが咲くころ同じ時期に咲き、春を知らせる樹木としても有名で育てやすく丈夫!
西洋ハナズオウ・アメリカハナズオウ・白花ハナズオウなど種類もいくつかあり、江戸時代から
日本人に好まれ庭木として人気の樹木です。

中国原産のマメ科の落葉樹。
花は小花の集合体でエキゾチックなピンク色、新緑の時期はハート形の可愛い葉を付けます
マメ科の樹木なので今の時期は種が枝からぶら下がり、これは少しグロテスク・・・

名前の由来は赤色の染色材料 蘇芳(スオウ)の木を材料として染める蘇芳色と花の色が
似ていることからこの名前が付けられたとか。
蘇芳の色・・・赤に少しピンクが混ざったような優しい色彩 なんとも日本人が好きな感じの色です!
江戸時代、帯や、扇子、小物でさし色につかっている粋でいなせなお侍さんがきっといたはず ((笑))

ハナズオウの花もそっとお家を華やかに演出してくれるとても可愛い花ですよ
来年4月、花が咲いたころ観察してみてください

 

大分の庭づくりは
ガーデン&グリーン「春夏秋冬にお任せください。

 

ⓒ 2015 Nihon Housing co.