大分の自然素材で建てる新築・リノベーション。日本ハウジングは家を建てる前も建てた後も豊かに暮らすサポートをしていきます。
2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • nav_home_off
  • ブログ
  • Book Cafe くらぼ
  • 記事
title

星に願いを

2015.12.16
Book Cafe くらぼ

「流れ星に願い事を3回唱えると叶う」と言われていますが、

流れ星(=流星)って見たことありますか?

image2 (1)_R

流星は、地球の大気圏に砂つぶ等の物質が突入した際に燃えることで見られる現象です。

宇宙空間には多量のチリや石が浮かんでいて、

地球には常に、1時間あたり約20トンほどの流星が降り注いでいるそうです。

それでも、実際に肉眼で確認のできる流れ星は、とても僅かです。

そんな流れ星の、出血大サービスみたいな時期があります。

天体ショーの1つ、流星群です。

難しく言うと、(むずかしく言うな)

彗星から生まれた、流星物質がたくさんある場所を地球が通過する…その期間、

いつもは運が良ければ見える程度の流れ星が、

この時ばかりは条件によってはほんの10分空を見上げるだけで数個は確認できる。。

そんな感じです。

ある一点を中心に、四方八方に降り注ぎます。

この点がある星座と組み合わせて、〇〇座流星群と呼ぶのです。

 

夏のブログに、年間に起こる三大流星群のことを書きましたが、

まさに今月15日深夜3時に極大(ピーク)を迎える「ふたご座流星群」はその3つ目。

しかも、今回はここ数年の中でも最高の条件が整っています。

・最大出現数が予測される時刻(14日深夜~明け方)が月明かりに邪魔されない

・この時間が日本では真夜中に当たる

・ふたご座の高度が高い

これってもう!最高なんですよ!!(興奮)
(…ですが、今年14日深夜の天気予報、今のところあまり良くないのです……お願い晴れて!)

次にこのような好条件が重なる日は、10年後だと言われています。

image1_R

星や宇宙に興味のない方も、ロマンチックに夜景を見る感覚で、

家族や大切な人とぜひ夜空を見上げてみて下さい。

12月13日~17日頃までは観測できるはずです。

ちなみに、北東ぎみの真上を向いていればいいと思います。

とは言っても、星の観測といえば野外です。

しかも観測する場所は、街明かりに邪魔されない田舎の夜空がよいので極寒だと思います。

暖かい飲み物と防寒具でお臨みください。

願い星、見つかりますように…。

 

暮らし×図書館×カフェ

Book Cafe くらぼもご覧ください。

 

ti_01
ⓒ 2015 Nihon Housing co.