大分で家を建てるなら日本ハウジングのブログで情報収集

メニュー
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • nav_home_off
  • ブログ
  • インテリア
title

夜に輝くあかり

2018.08.10
インテリア

先日、引渡し前のお施主様の家へ、夜の照明をつけるとどんな雰囲気になるのか見に行ってきました。

今まで昼間に照明をつけた様子は何件か見てきたのですが、夜の様子は今回がお初です!
お施主様の選ばれた照明はほとんど電球色でしたので、部屋の中は温かみのあるオレンジ色のあかりに包まれていました。やっぱり昼間との雰囲気が全く違います。

この中で一番素敵だと思ったかりがこちらのキッチン背面のカウンター部分のあかりです。

リビング側から見るととってもおしゃれ!ここでの料理が毎日楽しくなりそうなほどです。

部屋の中のあかりを一通り満喫したところで、次にデッキ部分へ、ぼどよくお庭を照らしていて、お庭のライトアップも大事なんだな、、と感じました。

最後に外に出て家全体を見てきました。表札と共に玄関部分の照明が目を引きます。
玄関があかるいと、家に帰って来た時の気持ちが湧き上がってきました。

これから新しくできた家でお施主様があかりを楽しみながら過ごされることを楽しみにしてます!

 

大分の暮らしを彩る
インテリアショップtsu-nagu

 

暮らしの空間イメージ

2018.07.29
インテリア

「モノ」を選ぶのではなく「空間」をつくる。
インテリア選びのポイントです。

インテリアは、家具やカーテン、照明器具など部屋の装飾品を指します。
決して安価なものではないので、どんな暮らしをしたいのか、しっかりと考えてみてください。

まずは灯り。
灯りで空間の印象は大きく変わります。
そして、灯りの感じ方は人それぞれです。
どんな空間でどのような暮らしをイメージしますか。

家族で過ごす時、一人で過ごす時、二人で過ごす時、どんな空間でどのような暮らしをイメージしますか。
食事の時、お酒を飲む時、テレビを観る時、映画を観る時、学習する時、どんな空間でどのような暮らしをイメージしますか。
楽しむ時、寛ぐ時、どんな空間でどのような暮らしをイメージしますか。

明るければ良いというわけではなく、用途や雰囲気に相応しい灯りがあります。
例えば、家族で寛ぐリビングは、少し暗めの方が落ち着くこともあります。

北欧の国々は、夏は天気の良い日が多く夜中まで明るいのですが、冬は寒い日が続き夜も長く暗いため家で過ごす時間が多いようです。
冬の暗さにメンタル面で打ち勝つために、家の中の灯りはとても重要。
複数の灯りを効果的に配置した多灯分散照明で効果的に空間を演出しているようです。

多灯分散照明とは、消費電力の少ない照明器具(ダウンライトやペンダントライト、スタンドなど)を部屋の中に分散配置させる方式で、部分的に明るさを減らすことができ、食事や読書など、生活行動に合わせて照明器具を組み合わせ、灯りを自由に変えることができるます。
また、消費電力の少ない複数の照明器具を生活行動に合わせ、必要なだけ点灯すれば、用途や雰囲気に相応しい灯りをつくることができるだけでなく電気代の節約にもなり、結果としてCO2の排出を減らすことができます。

 

大分の暮らしを彩る
インテリアショップtsu-nagu

 

リネンカーテンの素晴らしさを伝えたい!

2018.07.18
インテリア

ホームセンターで販売されているカーテンのほとんどがポリエステル製です。

シワになりにくい、洗濯しても縮まない、化繊なので生地のお値段がリーズナブル…
そんな理由で世間一般のカーテンはポリエステルが主流となっているそうです。

が…!
こちらはくらぼの人気の窓際カウンター席。
窓にはリネンカーテン。

以前はロールスクリーンでしたがリネンカーテンに一新してしばらく経ちますので感想です♪

結論から申し上げますと、リネンカーテン素晴らしい!!

まず、風合い。
これはもう、比べてみれば歴然です。

太陽光を優しく室内に伝えるリネンが醸し出す雰囲気は最高です。
設置前は遮光性が不安だったのですがそんな心配はすぐに吹き飛びました。
明るさを保ちつつ真夏の突き刺さるような日差しも柔らかく変えてくれます。
このふんわりした雰囲気のどこにそんな力を封じ込めているのだろうかと思うほどです。

そして天然素材リネンカーテンの最大の魅力はなんといっても汚れにくさ。

ポリエステルのカーテンは静電気によってほこりを吸い寄せるのに比べ、天然素材は静電気がおきにくいので、汚れを吸着しないため汚れにくいんだそうです。

喘息やアトピー、花粉症などアレルギーでお悩みの方にも最適です。

風合いが柔らかく、肌触りだけでなく見た目にも癒され安全性においても余計な物が入らず時が経つほどに風合いが増し、丈夫で長持ち!

さらに、天然素材であるリネンは調湿効果にも優れていて、湿度により伸びたり縮んだりするんだそうです。素材自体が呼吸をして湿度を調節してくれるんですね。

そんなリネンの魅力!
くらぼにお越しの際はぜひご覧になり良さを感じてください。

 

暮らしを彩る家具&雑貨
インテリアショップtsu-naguもご覧ください。

 

カーテン選びの楽しみ方

2018.07.12
インテリア

つい最近、カーテンのカタログを新しく入荷しました!

電子カタログで事前に中身を拝見していたのですが、本物が届くとカタログが大きくて驚きました!

バリエーションが多く目移りしそうなほどです。そして日本ハウジングの住宅に似合うカーテンを選別するのがとても難しい!デザインを見て、見本の生地を触って、性能を見て、カーテン選別の時間が楽しかったりします。

初めて聞く用語も多く、自分で調べたりして勉強にもなります。インテリアの中ではカーテンは比較的流行が安定しているのですが、それでも毎年新作がどんどん出てきます。

カーテンは家のかなの印象を左右するほど占める面積が大きいので、思い切って流行りに乗った色やデザインにしてみるのもいい模様替えになりそうですね!

さらに!カーテンのオープンデスクに参加すると流行を巻き起こすための工夫が聞けたり、カーテン生地でポーチなどの小物づくりがあったりしてカーテンの見る目が変わったりします。

講座などをさがして参加してみるのもインテリアを楽しく考える良い機会になりますよ!

 

暮らしを彩る家具&雑貨
インテリアショップtsu-naguもご覧ください。

 

お気に入りの器で料理を楽しむ

2018.07.08
インテリア

少し前になるのですが、5月のゴールデンウィークに有田陶器市に器を見に行って来ました。

有田焼は、佐賀県の有田町で日本で初めて磁器が焼かれた産地として、400年間に渡り、食器や美術工芸品を世界にその美しさを知らしめてきた焼き物です。
有田焼には、色んな表現方がありますが、その中でも絵付けは、色鮮やかな釉薬を使用し描かれており、東洋の美と称され続けています。
有田陶器市では、素敵な器ばかりで、器を見るたびに、この器にはどんな料理がいいのだろうかと考えながら見て歩くのが、とても楽しかったです。
暮らしの中で、美しい器で美味しい料理をいただく、そんな幸せな時間をたくさんもてたらいいですね。

カフェには様々な器の本をご用意しています。

カフェの横にあるショップでは波佐見焼の器をおいています。
カフェにもショップにも是非お立ち寄りください。

暮らしを彩る家具&雑貨
インテリアショップtsu-naguもご覧ください。

 

ⓒ 2015 Nihon Housing co.