TOPへ

大分で家を建てるなら日本ハウジングのブログで情報収集

メニュー
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  • nav_home_off
  • ブログ
  • インテリア
title

大川家具の展示会にて

2018.04.17
インテリア

家具の町・大川家具展示会「ジャパンインテリア総合展」に行ってきました。

私が参加したのは今回2回目で、合計112の出展社がそれぞれの作品の魅力を伝えていました。

ソファ・チェア・キャビネット、といった実用的な家具から、

家具の端材で作ったインテリア雑貨など幅広い展示です。

 

インテリアショップtsu-naguにもチェア・シェルフのお取り扱いがある、

立野木材工芸さんにおじゃましました。

そこで、TVボードに気になるツマミを発見!

もちろんボードも素敵でしたが、シンプルなブラウンのボードにコロンとついたツマミの存在感が抜群でした。

どこかで見た事のある模様だなぁと考えましたが、

以前、朝倉の秋月のお店で出会ったお茶碗と同じ模様だった事を思い出しました。

 

小石原焼といって福岡県東部にある窯元で作られているそうです。

とびかんな、といわれる技法でロクロを回転させながら、てん・てん・てん模様を作り出すという巧技。

特にツマミは小さいので、作業が難しそうですが、職人さんが1つ1つ丁寧に作られているのでしょう。

 

このように、日本の伝統工芸品も家具に取り入れる事で、

よりオリジナリティがでて、海外の方にも関心をもって頂けるのだと思います。

伝統を大切にしながら進化していく、大川家具に今後も注目していきたいです。

 

暮らしを彩る家具&雑貨

インテリアショップtsu-naguもご覧ください

 

使う場所を選ばない!シンプルな机

2018.04.11
インテリア

色とりどりの花も咲きほこり引っ越し、新生活、入学シーズンを迎える季節です。

 

小学校入学前は、ピカピカのランドセルも嬉しかったのですが

学習机にすごく憧れがあり、自分だけの専用スペースとなる机は大人になった気分になり、

誇らしくて嬉しくて仕方がなかったのを思い出します。

 

学習机というと、人気キャラクターや収納いっぱいの棚付きが目を引きますが、

最近ではながく使えるシンプルで飽きのこないデザインが人気で、

大人になっても使えるような素材のものをお探しの方も多いそうです。

 

インテリアショップtsu-naguにも

『使う場所を選ばない!シンプルな机』ございます♪

お部屋のインテリアに合わせて、DIYで作られる方もいらっしゃったり

学習机といえどもみなさまいろいろと考えられています。

 

成長や学年によっても、必要とする机の広さや高さが違ってくるため

あんなに嬉しかった机もだんだん物置き化してしまうなんてことも多々ありますよね。

 

最近はリビング学習という言葉もよく耳にします。

家族全員が使える省スペースのシンプルな机をリビングの一角に置いてみたり、

こだわりの素材でながく使えるものだったり、お部屋の置きたい場所にぴったりサイズのものだったり、

ずっと使い続けることができる机って理想的ですよね。

たくさんのモノを見て、触れて、思い入れのある一生もののステキな机を是非見つけてください。

 

暮らしを彩る家具&雑貨

インテリアショップtsu-naguもご覧ください。

 

杉テーブルで経年美化を楽しむ

2018.03.28
インテリア

tsu-naguオリジナル杉テーブル。

もちろん天板は大分県産材の杉、

脚はモアビ ( 南洋桜 )が完成しました。

tsu-naguオリジナル杉テーブルは、サイズ、強度、使い勝手を考慮してデザインしており、

丸テーブルには堅固な木材を使用しています。

堅固な木材はお任せいただいているため、毎回、違うテーブルに出会っている感覚です。

その名の通りオリジナルです。

 

今回のモアビは、tsu-naguオリジナル杉テーブルでは初の使用です。

木材の特徴としては、褐色で堅く、目の通った質の良い材。

しかし、入手が難しい材料なので、今回はラッキーでした。

ツートンカラーで重量感が増し素敵な仕上がりです。

ダイニングテーブルのペンダントにもピッタリ。

よく見ると脚は5本。

最近人気の5人ご家族様用です。

 

無垢テーブルに対する懸念の声はまだまだ聞こえてきますが、

傷がついても、それが味わいになる材料は他にない気がします。

テーブルの天板には、硝子、石、化粧板、と様々使われていますが、

割れても、穴があいても、それを味わいにできるのは無垢材だけのような…。

 

経年美化を楽しむ住まいと経年美化を楽しむ家具、

これからの暮らしは魅力満載です!

 

暮らしを彩る家具&雑貨

インテリアショップtsu-naguもご覧ください。

 

大分県産杉の丸テーブル

2018.03.22
インテリア

丸テーブルの良さは、四角いテーブルに比べて部屋の全体が柔らかい印象になる事。

円になっているので、家族皆の顔を見ながらコミュニケーションがとれる事です。

明るく楽しい食事になりそうですよね。

 

インテリアショップtsu-naguにも丸テーブルを展示していますが、

お客様に人気で、実際に座ってみる方も多いです。

 

いつもお世話になっている職人さんに特注で大分県産杉を使った丸テーブルを作って頂きました。

今回はお施主様から、通常よりも脚をどっしりさせたい、

車椅子のお父様でも使いやすいような高さのテーブルが欲しいというご要望を頂き、オーダーしました。

私も出来上がりをワクワクして待っていましたが、本当に素敵な丸テーブルに仕上がっていました。

いつもとは天板の感じが違うな?と思ったら、

猫ちゃんがたくさんいるお家だったので、傷に強く目立たなくするため、

塗膜を強めに、そして色濃くオイル調合をされていて光沢が出ていたようです。

 

かっこよく、安定感があり丈夫なテーブル、お施主様にも喜んで頂けました。

職人さんならではの手の感覚と素材の知識を活かしながら計算されたものが

立派なカタチとして完成するというのは素晴らしいなぁーと毎回感心します。

 

お客様によって、ご要望も違うと思います。

今後も出来る限り、お客様とご相談しながら、職人さんとオリジナルな逸品をお届けできたら嬉しいです。

 

暮らしを彩る家具&雑貨

インテリアショップtsu-naguもご覧ください。

 

照明のデザインを考える

2018.03.06
インテリア

「20世紀の総合芸術家 イサム・ノグチー彫刻から身体・庭へー」

なかなか時間がとれずギリギリ行くことができた展覧会。

久しぶりに時間を忘れゆっくりと楽しむことができました。


「AKARI」

イサム・ノグチ氏は、明かりと言う言葉は太陽の光や月の光を部屋に入れようという意味からこの言葉ができ、漢字の文字も日(太陽)と月とで出来ている。今日あまりにも生活が近代化し機械化した現代人にとって、自然光に近い照明は憧れに近いものがあり、和紙を透かしてくる明かりには、ほどよく光を分散させ部屋全体に柔らかい光を流してくれる。「AKARI」は光そのものが彫刻であり、影のない彫刻をねらった作品であると語られたそうです。

 

彫刻、陶芸、舞台美術、建築、庭園、家具と照明デザインなど幅広い作品に驚き、

繊細だけど大胆な作品に驚き、

伝承を踏まえつつ、現代的感覚をプラスした新たな表現に驚き…我家の照明も「AKARI」にしたい!と。

 

「AKARI」は、35年をかけて200種類以上が生み出されていますが、

照明の中ではスタンドが取り入れやすいのではないかと思っています。

希望はフロアスタンド。

あそこに置きたい!というイメージが直ぐにわいてくるから不思議です。

和紙と竹ヒゴが使われていると聞くと、和のイメージがありますが、

そうでないところが素敵。

 

単なる照明器具ではなく光の彫刻のようです。

基本は主張しない照明デザイン、消しているときは目立たない照明デザインを選んでいましたが、

点けていないときも美しい照明が欲しくなりました。

 

暮らしを彩る家具&雑貨

インテリアショップtsu-naguもご覧ください。

 

ⓒ 2015 Nihon Housing co.