TOPへ
大分の自然素材で建てる新築・リノベーション。日本ハウジングは家を建てる前も建てた後も豊かに暮らすサポートをしていきます。
メニュー
gt

お客様:『いとしや』社長 大杉天伸さん

プロフィール

大分県佐伯市生まれ。高校を卒業後、上京。大学卒業後、大手家具専門店に入社。インテリアの基礎知識と経験を4年半積み、家業を継ぐために帰郷。1996年、いとしや大分店をオープン、「アフター9のリラックス」をテーマに暮らしに心地いい、こだわりのセレクト商品を提案している。2002年に日本睡眠環境学会から「睡眠環境コーディネーター」の認定を受け、現在は「睡眠環境診断士」として“眠りの本質”を様々な場で啓蒙活動中。知識・経験・体感へのこだわりから、オリジナル商品の開発も手掛けている。現在、OBSラジオ「快適睡眠のすすめ」に出演中。

4. モノでなく、コトを提案

*『日本ハウジング』×『いとしや』コラボ企画
フルリノベーション住宅コーディネート見学会「アートギャッベの似合う家」について

大杉
ウチで毎年2回アートギャッベという絨毯の展示会をしていて、9日間で250枚という大分最大級の展示数なんですが、毎回「知らなかった」「見たかった」という声が出る。

10回目にもなって、もっとほかに出会いたい人がいるのではと考えた時、アートギャッベを欲しい人の暮らしの価値観は、家を建てる時の価値観と重なるんじゃないかと思ったんです。
自然とか、100年もつとか、経年美化とか、思いが形になっているとか。

実際の家にコーディネートすれば、この絨毯を好きな人が、こんな家に住みたいというイメージが湧いてくるんじゃないか。その「こんな家」が馬場社長の提案する家だと思ったんです。
それで話を持ちかけさせていただいたわけです。これはユネスコの無形文化遺産にも登録されて世界的に価値が認められたものですし。
今はパチモノも出回っているのでね(笑)。
馬場
僕たちは家を提案していますが、伝えたいのは家というモノの先にあるコトなんです。大杉社長から今回のお話をいただいて、そこに組み合わされるものとして、これはいいなと思いました。

でも、実は僕、アートギャッベって知らなかったんです。「何ですか、それ?ギャップ!?」みたいな・・(笑)。
大杉
(爆笑)
p1
馬場
まぁ、そういう人も多いと思うんです。
それが結構値も張るけど選ばれている理由があるわけで、これは家にも通じると思いました。
こんな価値あるものがあることだけでも知ってもらえれば、お客さんにとってのQOL(クオリティ・オブ・ライフ)が高まるのではと思っています。
大杉
最初はウチで2階の壁に吊してやっていたんですが、どうもギャッベという人の手仕事のバックにあるビニールクロスのペラペラ感というか光沢が、似合わんなぁと思っていました。

そんな時に湯布珪藻土のお話を伺って、塗ってもらったんですよね。
ギャッベって手織りなので、ファジーで直線がない。後ろの壁もコテで塗っていただいたので、大量生産のクロスと陰影が全然違って、人の手仕事を感じるんですね。

ギャッベが好きなお客さんに、珪藻土のよさも伝えられるなと思いました。
馬場
大杉社長とは最初からいつか一緒に仕事をするような気がしていました。

これをスタートに、睡眠環境診断士の力を借りて、またぜひ突き詰めたところで教えていただけたらと思います。
寝具も空間も、こうしたらもっと眠りやすくなるということがありますよね。湿度とか温度、光、音、香りなども。
大杉
そういう、より多くの人に伝える機会が必要ですね。
自分だけが学会まで行って、お金使わせてもらって、ひとり気持ちよく寝ていたら絶対バチが当たる(笑)。

困ってる人に教えてもらいたいと、地味な研究や実験を一生懸命やってる人達がいるわけだからね。

それもただ知らせるのでなく、何をフィルターにして知らせるか。
お客さんはもうモノはいっぱいあるから、そういう心や暮らしの豊かさが大事だと感じている。
そんな時代になってきたかなと思います。
ⓒ 2015 Nihon Housing co.