大分の自然素材で建てる新築・リノベーション。日本ハウジングは家を建てる前も建てた後も豊かに暮らすサポートをしていきます。
gt

お客様:『いとしや』社長 大杉天伸さん

プロフィール

大分県佐伯市生まれ。高校を卒業後、上京。大学卒業後、大手家具専門店に入社。インテリアの基礎知識と経験を4年半積み、家業を継ぐために帰郷。1996年、いとしや大分店をオープン、「アフター9のリラックス」をテーマに暮らしに心地いい、こだわりのセレクト商品を提案している。2002年に日本睡眠環境学会から「睡眠環境コーディネーター」の認定を受け、現在は「睡眠環境診断士」として“眠りの本質”を様々な場で啓蒙活動中。知識・経験・体感へのこだわりから、オリジナル商品の開発も手掛けている。現在、OBSラジオ「快適睡眠のすすめ」に出演中。

1. 会社後継者としての共通点

馬場
大杉社長とは、知り合って随分たちますよね。
大杉
そうですね。きっかけは何でしたっけ?
馬場
たしか、僕が大分に帰って来てすぐのころ、妻と一緒にお店を訪ねて行ったのが、最初だと思います。
その時、大杉社長に接客していただいて、枕が大事という話などを聞いてどんどん引き込まれていった。
そして母の誕生日プレゼントに枕を買って帰ったんです。それが出会いですね。
大杉
そうでしたね。
馬場さんは2代目、僕は3代目ということで、創業者と受け継ぐ者の役割、といった話をしたり。
やっていることは寝具と空間で違うけど、何か重なり合う部分があって、お話していても共有できることが多かったんですよね。
p1
馬場
なんかヘンな人、という匂いがした(笑)。
ホームページ見ても、「いとしや」というネーミングにしても、変わっていて、最初は布団屋さんと思わなかった。

でも何か突き詰めてる感じがしたのと、私も住環境を扱っていて眠りに興味があったので、行ってみたんです。
そうしたら枕を買ってしまった(笑)。
大杉
そうなんだ(笑)。
馬場
当時、僕はまだ今のスタイルではなく、模索している状態でした。
大杉社長は大塚家具を辞めて東京から帰って来られて、マーケティングの勉強などもされていた。

本質をつかんで、自分がいいと思ったものをセレクトして提案されていた。それが刺激的でした。
いわゆる「布団屋さん」じゃない。

最初に聞いたのが、枕の固さや中身の素材、圧力、中身の量が変えられるというような話だったと思います。
本質を突き詰めるとここまでいくんだ、と感じましたね。
大杉
私からすると、なんかヘンなお客さんが来たな、という感じでした(笑)。

当時は、自分の思いは枕という物体を売ることではないという、まだ形になっていないニュアンスのようなものだったんですが、この人なら本質を受け止めてくれるような気がした。
だからそんな話までしちゃった(笑)。
p1
馬場
僕はたいてい人の話を忘れるのに、覚えているなんて珍しいんですよ(笑)。

その時、波動の話なども聞きましたよね。
店に入った時、空気が澄んでいる感じがして、これは何だろうと思ったんです。僕が当時つくっていた住宅とは、空気感が違った。

そこに大杉社長がいて、そういう話をするんです。なんか宗教にハマったような(笑)・・・。
大杉
えっ、そっち系!?(笑)
馬場
いやいや(笑)・・・でも不思議な感覚だったんです。

それから僕も少しずつ、大杉社長と同じような方向にハマっていって、地元の珪藻土を掘り起こしたり、スギも山に直接行って産地と組んだり、といった作業を繰り返してきました。

無意識のうちに学ばせていただいた気がします。
大杉
何かお互い共感する部分があったんですよね。
僕たちはたぶん、2代目、3代目として、父がやったことを1つの軸にして、その上に自分らしさとか、お客さんが求めていることを、と考えてやってきたところがあると思うんです。
p1
馬場
僕は大分で生まれ育ったんですが、高校ぐらいまで大分をよく思っていなかった。早く出て行きたいと、そればっかり考えていました。
それで東京に出させてもらって、しばらくは楽しかったんですが、次第に相対的な目を持つようになったんですね。

10年ぐらいたって帰って来た時、やっぱり大分はいいなと思った。暮らしやすいし、人もいいし、素材、つまり一次産業が非常に充実していることがわかってきたんです。

だから同じ視点を持っている人を探していたんだと思います。回りの人は幸せな状況でずっと過ごしているので、そのことに気づいていない。
大杉さんは1回東京に出て大分に戻って、ここに根を下ろしておられた。その方がどう考え、何をされているのか、興味があったんですね。

今振り返ると、帰るからには何か大分を盛り上げるようなことを、自分の人生の仕事としてやっていきたい、という思いがあったと思います。
大杉
よくあちこちで会いましたよね。
価値観や優先順位が似ているのかな。
馬場
自分の発想には限界があるので、異分野の人の話を聞くと、すごく刺激を受けるんですよね。それも隣り合っている異分野ぐらいの人がちょうどいい。
大杉
そうですね。
ⓒ 2015 Nihon Housing co.