大分の自然素材で建てる新築・リノベーション。日本ハウジングは家を建てる前も建てた後も豊かに暮らすサポートをしていきます。
gt

お客様:バリトン歌手 渡辺弘樹さん

プロフィール

大分市生まれ。国立音楽大学音楽科声楽専攻を首席で卒業、イタリアへ渡る。同年、フィレンツェ国立歌劇場の声楽国際オーディションに最年少で第1位合格(劇場では唯一の東洋人)。2006年、日本人として初めてフィレンツェ歌劇場と終身契約を結ぶ。オペラ「運命の力」でズービン・メータと共演。その深く、厚く、柔らかいベルカント唱法は「まれに見る声とテクニック」と定評がある。これまでにシュターン、バッソ、マジェーラ、アバド、ムーティ、メータほかの指揮者たちと共演。現在、フィレンツェ歌劇場専属歌手。フィレンツェ市在住。

4. イタリアのオペラ人気は?

馬場
イタリアで人気の職業って何ですか。小学生が卒業アルバムに書くような。
渡辺
一番はサッカーですね。
馬場
オペラ歌手は?
渡辺
まずないです(笑)。
p1
馬場
オペラはイタリアが発祥の地だったのでは?
渡辺
そうです、フィレンツェが発祥です。
昔はラジオをつければどの局からもオペラが流れていたそうで、
僕たちの親ぐらいまでの世代の人は、メロディも歌詞もよく知っているし、オペラもよく観に来ます。
でも若い人は知らない。オペラよりポップスです。

ただ最近は29歳以下なら5ユーロ(700円ぐらい)でカードが作れて、1年間自由にオペラを観られる、というようなことをやっているので、オペラを観に来る若者が増えましたね。
馬場
渡辺さんの劇場でも、若い人に継承するための活動をされているんですか。
渡辺
小学校を回って演奏したり、
市が声掛けして、学校単位でオペラのリハーサルやゲネプロを観に来たりしています。
馬場
小さい時からそういう体験をするのはいいですね。
僕もここで渡辺さんの歌を聴くと、イタリア語はわからなくても感動します。
音楽ってすごいなぁと思いますね。
渡辺
だからこそ、そういう授業を小中学校でやらないのはよくないと思うんですけど、
今イタリアでは首相が変わって、小中学校の授業に音楽も美術もなくなっちゃったんですよ。
馬場
そうなんですか!?
渡辺
物価があがってみんな生活が大変なので、劇場でオペラ観たり音楽聴いたりしたくても行けない。
サッカーは安いんですけどね。

うちの劇場でも最近はチケット代を下げて、できるだけ多くの人に来てもらおうというふうになっていますね。
ⓒ 2015 Nihon Housing co.