TOPへ
大分の自然素材で建てる新築・リノベーション。日本ハウジングは家を建てる前も建てた後も豊かに暮らすサポートをしていきます。
メニュー
gt

お客様:フリーアナウンサー 志賀江梨子さん

プロフィール

1964年大分県生まれ。大学卒業後、NHK大分放送局でニュース、生活情報番組、ラジオのキャスター、パーソナリティを務めた後、OBS大分放送の生活情報系番組の司会やリポーター等、数多くの番組に出演。その後、9ヵ月間のイギリス語学留学を経て、現在はCATV2局でキャスター、パーソナリティとして活躍中。芸術団体「アルテヴィーヴァ」事務局長。Shiga English Club主宰。

4. 伝える力=聞く力&経験値

馬場
やっぱり聞くということは大切ですね。
志賀
そうだと思います。
大学を出てこの仕事に就いた時、最初に教えられたのが、
「自分がかみくだいて理解していないことは、口にするな」ということでした。
だから、とにかく徹底的に聞いて、理解しようとします。
馬場
だから伝わる。
志賀
私は、若いころ気が強くて、番組の中ですごくやりたいことがあるのに、
それが伝わらない時、
腹が立って仕方なくて、一度イスを蹴ったことがあって(笑)。
デスクは目がテンになってました(笑)。
p1
馬場
そんな時があったんですか。
志賀
「あなた私のことが嫌いなんでしょ!」って、コートひるがえして帰ったことも(笑)。
でもその人とは、今も一緒に仕事していて、すごく仲良しなんです。
思いっきり伝え合ったから。
伝えることを中途半端にやめてしまうと、何も伝わらず、嫌な思いだけが残ると思います。
馬場
日本以外の国ではディベートがありますよね。
でも、日本にはそれがない。だから意見が違うとケンカになりますよね。
僕は負けても何とも思わないので、意見を聞くのが好きなのかも知れないですね。
いろんな人に聞くと、いろんなシュミレーションができる。
いろんな人の意見を聞きながら確実性を上げていくというか。
志賀
私は、何とかわかってもらうために、すごくしゃべるんです。
こっちから伝わらなければ、じゃああっちから言ってみようって。
それって大事だと思うんですよ。
社長は、今、自分の思いが、社員や社外の人に伝わってると思いますか。
馬場
そうだなぁ・・僕は外で何か聞いてきたら、次の日の朝には必ず誰かに相談してますね。
相談相手は女性が多いかな。
僕が知らないお店のことなども知っていて、「あ、そういう店はもうありますよ」って、バッサリ(笑)。
あ、そうなの、じゃあダメだね、って(笑)。
みんな経験を積んで専門性が高くなっているので、すごく信頼してます。
志賀
それは素晴らしいですね。
私、車の運転をしながらラジオを聞いていて、
ときどき突っ込みを入れたくなることがあるんですよ。
それ受け売りやろー、って(笑)。
経験からしゃべってるか、
人から聞いたことや雑誌などの受け売りでしゃべってるかは、すぐわかりますね。
どんなことでも経験から話していることは、すごく伝わる。
そういう意味で、社長からお聞きする家の話は、経験からおっしゃってることなので、すーっと私の中に入ってきます。
馬場
僕は今、うちの会社で建てた家に住んでいるので、
お客さんへの話し方が変わりましたね。
自分が実感しているので、自信を持って話せる。
p1
志賀
経験していることが、伝えるためにすごく大きな力になると思います。
馬場
確かにそうですね。
志賀
リポーターって、年をとるとだんだん出なくなりますよね。特に地方局では。
でも経験値からいえば上がっているから、しゃべることもたくさん出てくるし、
いろんなことに対応できるだけのあつかましさも身についてくる。
だから、リポーターは若くなきゃいけない、ということはないと思うんですけどね。
馬場
ぜひ頑張ってください!
ⓒ 2015 Nihon Housing co.