TOPへ
大分の自然素材で建てる新築・リノベーション。日本ハウジングは家を建てる前も建てた後も豊かに暮らすサポートをしていきます。
メニュー
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  • nav_home_off
  • ブログ
  • 府内町家リノベーション
  • 記事
title

美味しいランチ

2015.10.27
府内町家リノベーション

秋晴れのなか、福岡へ。

KIMG1031_R

「河庄」さん

中洲の路地にあるお寿司屋さんですが。

吉村順三さんが設計した、九州に数少ない建築です。

ましてや、このように店舗で中まで見ることができるのは貴重でして…

住宅だと中まで見せてくれとは言えないですしね。

とは言えど、河庄さんは中洲のお寿司屋さん。

ずっと訪れてみたかったこともあり、満を持してランチでおじゃましました!

KIMG1042_R

お店の方も、気を使っていただいて。

食事中も、店中をキョロキョロ見渡したり、時にはノートにメモしたりする僕に見かねたのか。

写真撮影や、二階の座敷など案内してくださいました!
(いや、ほんとにすいません。無駄にならぬよう勉強させていただきます…)

 

50年以上経つ建物です。

まだまだ風格を増してる最中でしょうか。

KIMG1051_R

近代の新建材をふんだんに使用した住宅や建物は、竣工時が最も綺麗なのではないでしょうか。

それからは時間とともに、古くなる(劣化する)と感じてます。

 

素材を選び抜いた建築は違います。

多くの人が歩いた御影石は光り、日光を浴び続けた松材は飴色で趣を増し、建物がよい歳のとり方をしてると思います。

 

そして各所の高さの設定が絶妙なんです。

一聞、2.1mの天井高と聞くと、低くない?と感じちゃいますが。

そうじゃないんですね。つまりは空間の設計。なんの為の高さか根拠をもつこと。

やたらめったら天井を上げるようでは、この落ち着いた空間は生まれません。

 

さすがの、高さと素材の魔術師吉村さん(僕は勝手にそう呼んでます)。

 

お腹にも、頭にも美味しい河庄さんでした。

あ、建物に夢中で、お寿司の写真撮ってませんでした…。

 

今あるモノを活かす

府内町家リノベーションもご覧ください。

 

ti_01
ⓒ 2015 Nihon Housing co.