TOPへ
大分の自然素材で建てる新築・リノベーション。日本ハウジングは家を建てる前も建てた後も豊かに暮らすサポートをしていきます。
メニュー
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  • nav_home_off
  • ブログ
  • 府内町家
  • 記事
title

とても文学な、いえづくり

2017.06.19
府内町家

先日村上春樹さんの新刊「騎士団長殺し」を読み終えました。

あまりにおもしろかったので、

でたばかりの川上未映子さんによる村上さんインタビュー「みみずくは黄昏に飛びたつ」まで読んでしまって、

どっぷりと春樹ワールドにひたっています。

 

今回も小説の主人公はよく料理を作ります。

とにかく村上さんの小説の主人公は

1.しずかな場所に住んでいて、

2.料理をよく作り、

3.クラシックやジャズをよく聴くのです。

 

村上小説の優れた効用は、

なぜか読後に「アイロンをかけたり片づけをしたくなり、料理を作りたくなる」こと。

生活臭さはまったくないにもかかわらず、暮らしの所作の描写がとても多く、特別ではない特別感を味わえます。

わたしたちの生活はなにも特別なところはないけれど、

わたしたちじしんにとっては、かけがえのない特別なものなんだ、ということに気付かせてくれる物語なのです。

 

すぐれた住宅はすぐれた暮らしとともにあります。

すぐれた文学の基層にある「特別ではない特別感」がより良い家づくりの、実は、とても大切な考え方なのです。

 

大分の木造住宅

府内町家もご覧ください。

 

ti_01
ⓒ 2015 Nihon Housing co.