大分の自然素材で建てる新築・リノベーション。日本ハウジングは家を建てる前も建てた後も豊かに暮らすサポートをしていきます。
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  • nav_home_off
  • ブログ
  • 府内町家
  • 記事
title

物語のなかの家

2017.05.02
府内町家

家がただの建築から、たいせつな僕たちの家に変わるとても大事なひと時があります。

むずかしく言うと、「建築が物語性を獲得する」ということ。

 

世の中にはいろんな種類の住宅があり、

いろんな考え方の住宅があり、

いろんな作り方の住宅があります。

これから家を建てようと考えている人は、この「いろんな」が多すぎて、

いったいなにが大切なのかわからなくなってしまいますよね。

でもひとつだけ、住まいにとってひとつだけ大切なものがあります。

それは「住まい」と「住まいでないもの」を分けるくらいのとてもとても大切なものです。

でもそれはすっごく説明がむずかしい。

ものすごくシンプルで単純でみんなが知っているはずなんだけど、

だからというわけか、すごくすごく説明がむずかしいのです。

だから今日はヒントにしかならないかもしれません。

1970年にアメリカのロックグループ、

クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングのグラハム・ナッシュが書いた名曲「僕達の家」。

この名曲がうまれた瞬間は、ごく普通のどちらかというと何もない日常でした。

一緒に暮らしていたジョニ・ミッチェルと花瓶に花を生けようかとかいいながら、

「信じられないくらい普通の(本人)」時間が流れていて、

そうして1時間後に「僕達の家」が出来上がったそうです。

きっとこの時、ナッシュの中で何かが動いたのでしょう。

流れていた空気とかふたりの間の会話とか、雰囲気とか佇まいとか・・・、

なにげない日常がどうしたわけか、特別な瞬間に変わったのです。

・・・これこそが家にとって特別に大切なことだったのです。

 

住まいに物語が生まれなければ、それは「住まい」になりえません。

家には物語が必要です、家族に物語が必要なのとおなじくらいに。

 

大分の木造住宅

府内町家もご覧ください。

 

ti_01
ⓒ 2015 Nihon Housing co.