大分の自然素材で建てる新築・リノベーション。日本ハウジングは家を建てる前も建てた後も豊かに暮らすサポートをしていきます。
2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • nav_home_off
  • ブログ
  • 府内町家
  • 記事
title

まだ見ぬ物への憧憬

2016.06.03
府内町家

建築中のGさんの現場に行ってきました。

足場はまだとれていませんが、2階に上がる階段ができたというので、さっそく上がることに。

何はともあれ、自分の描いたイメージがどんなふうにカタチになっているか。

設計者として表情は硬く見分しようと思ったのですが、心の中は「ひゃっほー」と感嘆の声を挙げてました。

写真1

「海が見えますねー」

「佐藤さん、こっちは山が見えますよ」と奥さん。

気付けば、お施主さまときゃーきゃー言いながらまだ見ぬ家の中を歩き回っていました。

 

もちろんこの家も、最初は鉛筆によるスケッチから始まったわけです。

日の入り、眺望、ダイニングテーブル・・・・・・。

それがこうやって、少しづつ現実のものになってゆく。楽しくないわけないですね。

写真2

今さらだけど、難しい建築ってやりたくないなあと思います。

伝統的な建築もあるけど、そこから学びこそすれ今の時代に成立させるのはやはり難しい。

かといってアバンギャルドな現代建築はというとそういう「崩し」はやりたくない。いや、できないです。

建築のための建築というか、観念のみで人が不在なのは「やった」感がない。

文化としては必要なんだろうけどそこに血が通うようになるには、市井の人の力が絶対に必要なんでしょう。

 

ポピュラリティってとっても、ものすごく大切だと思うんです。

言い方をかえるなら造形の「わかりやすさ」。

居心地の良さが「わかりやすく」カタチになったとき、建築から家へ昇格(!)するのではないでしょうか。

写真3

 

大分の木造住宅

府内町家もご覧ください。

 

ti_01
ⓒ 2015 Nihon Housing co.