大分の自然素材で建てる新築・リノベーション。日本ハウジングは家を建てる前も建てた後も豊かに暮らすサポートをしていきます。
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  • nav_home_off
  • ブログ
  • 府内町家
  • 記事
title

あるがままの心地よさ

2015.05.11
府内町家

写真1

今さらではありますが、府内町家の家づくりに欠かせないのが、この「珪藻土」と「無垢の床材」。

この2つの素材がもたらす、言葉ではいい尽くせない心地よさに、あらためて魅力を感じています。

 

私事ではありますが、昨年子供が産まれたり、心身の感覚が敏感な方とお話しする機会が増えたりと、

今まで以上に肌に触れるもの、生活空間を取り巻くものの大切さを考えるようになりました。

 

体感として感じる度合いは、個人差があると思いますが、

この珪藻土と無垢の床材に包まれた空間に居ると、本当に「楽」に過ごすことができます。

それは身体的にも、精神的にも。

 

珪藻土は、文字通り「土」。

無垢の床材は、「木」。混じりっ気なし。

 

私達ヒトは自然の一部である生き物で、やはり同じ自然のものほどしっくりと馴染み、

そうでない異質のものほど、抵抗を覚えるのだと思います。

その点で、珪藻土も、無垢の床材も、限りなく自然界の「あるがまま」に近いものです。

だから、そこに寄り添う私達も、抵抗しようとする余分な負荷がかからず、「あるがまま」でいられるのだと思います。

 

その「あるがまま」の状態。それがとっても、気持ちいいのです。

当たり前ですよね。「あるがまま」というのは、「無理してない状態」なのですから。

 

身体も、本来の力や治癒力を取り戻し、頭の中も、余計な波が立たず、穏やかな気持ちでいられます。

それはどうも、子供であったり、心身が不調な方や敏感な方ほど、顕著に現れるようです。

 

現代は、あくせくとした日々の様々なモノゴトの中で、

その「あるがまま」を求める欲求が、隠されてしまっているのだと思います。

 

この珪藻土と無垢の床材のような空間に居ることで、その欲求が、思い出されるのかもしれません。

それが、この空間に入ったときの、「ああ気持ちいい。ああこれだ」という感覚なんでしょうね。

写真2

目にもやさしいですよね。

できるだけ多くの人に、この「あるがまま」の状態で、毎日を過ごして欲しいなと思います。

 

大分の木造住宅

府内町家もご覧ください。

ti_01
ⓒ 2015 Nihon Housing co.